katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

神業の安倍総理の皮肉は殿堂入り、長州・虎ふぐの毒は国際級

「イヤホン大丈夫?」 安倍晋三首相が“因縁”のTBSキャスターに反撃? 産経ニュースからゲットしたこのニュースは、抱腹絶倒・腹筋崩壊級ではないか? タイトルだけで、安倍総理がこのセリフを吐く場面と音声がビジュアルに再現されるから不思議です。 伝…

驕れるメディア・朝日・毎日のベテラン記者の噴飯質問

産経紙の阿比留記者の紳士的な報道に満足しない方へ これが、日本記者クラブの企画委員だ これでも家庭に帰れば、善良な良き夫で、孫から見れば、良心的な優しい、知性に満ちた祖父を演じているだろうと思う、知識人、代表的な報道人だ。 人格と、日本語の素…

すでに、安倍総理は朝鮮半島戦争終了後の半島秩序を視野

1年経て現実を悟った韓国 韓国民はようやく、戦争が現実になることへのスタートラインに並んだ これら日本の反応に、韓国メディアは一様に「大げさ」「朝鮮半島危機説をあおる」「行き過ぎた危機意識や対応」と批判した。 しかし、文在寅政権も韓国メディア…

カネがない共産党

政党助成金をもらわない政党・共産党 かっこいいフレーズが売りの共産党ですが、なにやら秋風が吹いているような気配です。 「あたり前だろう。中秋も過ぎて、日本では朝夕が涼しい時期だ! 熱帯ボケがなにを抜かす!!」とダブルパンチのツッコミを頂戴しそ…

醜悪な日本記者クラブ企画委員の質問姿勢

4人の企画委員の氏名、顔写真、キャリアを公開するべきだ 左翼の伏魔殿の2時間に及ぶ党首討論 2017年10月8日、第48回衆院議員総選挙公示に先立って、あの、左翼の伏魔殿とまで言われる日本記者クラブで、党首討論がおこなわれました。 実況をリアルで視聴…

新潟県平和運動センターにオチョクラれた産経新聞・怒れ、産経紙

怒れ、産経紙・当然だろう 「産経がいると話しづらい」「テロリストと同じ」記者はこうして東京新聞・望月記者の講演会取材を拒否された2017.10.6 07:00 それでは、記者が朝日ならセーフというのか? 少なくとも、産経新聞は、読売に並んで、理性的な日本の…

産経紙に妙に関連せざるを得ない記事を発見した

はじめに サーバーへ異常なアクセスが集中し、キャパを超えてしまいました。 契約キャパを大きいものに変更しようとしたのですが、その契約段階で問題が生じました。 kazanが持っているVisaは国際カードですが、日本国外発行のために、日本のサーバーでは受…

サーバー移転終了です・ご案内

サーバー移転終了です・ご案内 いつもご来訪ありあがとうございます。 サーバーへの移行がほぼ完了しました。 NEWサイトへのご来訪をお待ちもうしあげます。 odoaba.com

サーバー移転で、リニューアルしたブログサイト・最近のfacebookの事情

wordpressのテーマ・「simmplecity」 サーバー移転で、四苦八苦したkazanです。 wordpressのテーマを「simmplecity」に変更しました。 大変な可能性を秘めたテーマですので、ようやく気持ちの中にエンジンがかかったような気がします。 今回の変更で、一番便…

反日・終わりなき歴史戦の宣戦布告

米国サンフランシスコ市に、「反日」慰安婦像が建造されるというニュース。 デザインは画像ようなものとのことです。 【関西の議論】「反日」慰安婦像、大阪市との姉妹都市60 周年に火種 〝変則〟申請で米サンフランシスコ市・歴史戦https://t.co/nCUnVCSB…

北朝鮮の名物オバサン・アナ、リ・チュンヒ・李 春姫の誇らしげな声がNHKから流た

あの名物オバサン・アナウンサーのリ・チュンヒ・李 春姫の映像がNHKから流た。。 なんとまあ、いつもの表情の豊かかな顔とお声は、流石に、平壌国立演劇映画大学卒の国立演劇団に女優として貫禄は十分で、つい親しみが湧くのに不謹慎を感じる時が多々ありま…

台湾の空母キラー「雄風3」

台湾の独自軍事技術に海軍のミサイル艇・対艦ミサイル「雄風3」あります。 昨日の産経紙で、台湾国のかつては国防部(国防省に相当)軍備局に所属していた 現在の「国家中山科学研究院」を訪問した報告記事です。 この武器は昨年、非公式な整備訓練中の操作…

東芝、原発関連の損失7125億円 債務超過に足踏みする財政出動

東芝の原子力事業 東芝の原子力事業は、もともと、アメリカの総合重電コングロマリットであるGE・ゼネラルエレクトリックの原子力技術を日立とともに提携し、日本の原子力産業の推進力として事業展開されてきました。 無論のその舵取りは旧通産省・現経済産…

北朝鮮25隻のロメオ型潜水艦で、日本、グアム、ハワイ、アメリカ本土への攻撃を敢行するというのが。。

25隻の北朝鮮のロメオ型潜水艦は、あまり古くて話題にすら、めったに登りませんが、 今日珍しく、夕刊フジ紙・zakzakにジャーナリスト加賀孝英氏が 「三沢、横田、横須賀、岩国、沖縄など、在日米軍基地にミサイルを撃ち込む。日本を攻撃する。それでも米国…

サーバー移転につまずき、ブログ投稿が途絶えております

WordPressでブログを運営しておりましたが、データベースの数に不満がありまして、他のサーバーに移転を考えたのが、1月の下旬です。 2月に契約をし、移転作業を始めたのですが、中々思うように行きません。 原因は海馬の退化による思考理解力の減少であるこ…

東京新聞が反日の本領を発揮しはじめたのか

東京新聞と言えば、朝日新聞、毎日新聞と並んで東京圏、反日新聞の御三家です。 先日も雄一と言っても良い保守系の副主幹であった長谷川幸洋編集副主幹を、ニュース女子の問題で、ほとんど一方的ね、編集主幹に降格し、3月か4月の契約切れで、東京新聞を追放…

スゥエーデンで、大規模な移住民による暴動が発生(動画)

スウェーデンの首都ストックホルム郊外の移民が多く住む地区で、大規模な騒乱が発生した。目撃者の話によれば、騒ぎの発端となったのは、地下鉄駅で警察官らが、手配中の男を拘束しようと試みた事だった。人々が、警官隊に投石したため、警官側はそれに対し…

オバマ政権8年で格段に良くなった日米関係 残された課題は中国封じ込め

あと24時間でアメリカはオバマ政権からトランプ政権に移行します。 産経紙系列の夕刊紙、夕刊フジのwebサイトだる「zakzak」に「オバマ政権8年で格段に良くなった日米関係 残された課題は中国封じ込め 」の記事が掲載されました。 優柔不断なノーベル平和賞…

アメリカの対中国追い込みが始まる。空母カール・ヴィンソンは間もなく航行の自由作戦に参入

トランプ次期米大統領が国務長官に指名した米石油メジャー最大手エクソンモービルのレックス・ティラーソン前最高経営責任者(CEO)は11日の米上院外交委員会の公聴会で、沖縄県・尖閣諸島に中国が侵攻したら「協定に基づいて対応する」と証言. 読売紙か…

シナは台湾に固守する。その理由は台湾は海洋国家、中国な2021年に台湾攻略を明言

これは東アジアの地政学の観点からよく引き合いにされる地図です。 日本列島、台湾、フィリッピンと日本海、東シナ海、南シナ海の部分を逆さまにした地図です。 日本、台湾、フォリッピンの上、つまり東側には広大な西太平洋が広がってます。 しかし、北朝鮮…

中国側が米国共和党議員へ、蔡総統と会わないように求める書簡が送付が明らかに

画像は蔡英文総統と総統と面談した共和党のテッド・クルーズ上院議員 ダブルスタンダード丸出しの外交を展開する中国は過去に世界の嘲笑を集めてきましたが、その履歴をまた書き換えました。 それは、世界の大国でありながら、土人国家である中国が、またま…

長嶺駐韓日本大使 9日(今日)に一時帰国・この際1500年の国交断交

今日、長嶺中韓日本大使が帰国します。 大使の帰国は報道されておりますが、領事も同様でしょう。 日本政府としては、大変重大な行動に出たということで、この強い意志と行動は世界的に注目を集めております。 よって、現時点をもって、韓国とは事実上の断交…

嫌韓・「しかし、ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。」朝日新聞、大使、領事召還で

でました、朝日の論調「しかし、ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。」 性急という時間の概念は、一年では短すぎるのか、一年の時間は「性急」か。 朝日の馬鹿公家は、駐韓大使・領事召還で、一年の時間を「性急」と決め込んだ論調…

発狂する韓国に快感を覚えるkazan・腹筋崩壊

嫌韓のkazanにとって、日韓関係は大変愉快な段階に突入しました。 あまりの興奮に今日の第一稿は東亜日報、中央日報、朝鮮日報の三紙の読み比べでした。 セウオル号沈没事件で、自ら韓国のマスコミは三流で、国家も三流であることを認めたマスコミですが、そ…

韓国のウィーン条約二十二条第二項違反に抵触する売春婦像・朝鮮人には身体で教え込まなければならない

韓国の在韓日本大使館や釜山の領事館前に建てられた売春婦像、kazanは「少女像」とは言わない主義です。 あの不細工な目がつリ上がって、エラの張った顔が、どう見ても、可愛い少女像とは見れないからです。 あれは元売春婦であった、おババの顔を若くしたグ…

海外「参拝の何が問題なんだ?」 稲田防衛相の靖国参拝に欧米からは理解の声

まとめブログサイト・「パンドラの憂鬱」は、12月29日午前、稲田防衛大臣は就任後初めて靖国神社を参拝し、自費で玉串料を納め、「防衛大臣・稲田朋美」と記帳したことで、中韓を除く世界から理解の声が上がっているという記事を搭載しました。 フォローする…

パヨク、中国と韓国が発狂する安倍総理 の真珠湾 演説の完成度

今回の真珠湾での安倍晋三総理大臣の演説は、支那と南朝鮮、それにパヨクが発狂しているくらいですから、完成度はトップクラスの評価です。 最近の土人国家支那や南朝鮮政府のコメントの速さが意外でした。 国際回線があるんですね、まさか新手の狼煙回線? …

エキストリックの極み、止まない暴力機関紙「環球時報」の「米国を“道連れ”にする覚悟」とは

中国が追い込まれてきた証拠 トランプの大統領就任が決まり、選挙期間中の、モンロー主義のような「米国は米国」「アメリカファースト」の標語で、これで、中国はようやく米国とwin・winの関係が構築できrと糠喜びをしたのもつかの間、背中に冷水を浴びせた…

アメリカの変貌と日本

リベラルの後退 評論家池田信夫氏が12月15日のブログで、『トランプの当選は「普通の国民」の勝利』の記事タイトルで、サミュエル ハンチントン・ Samuel P. Huntington 著, 鈴木 主税 ・翻訳を紹介しながら、 蓮舫氏の二重国籍問題で、民進党の岡田代表は「…

左翼の悪意の塊のような日本語表現の背景

最近左翼の発言や意思表示に、一方的な、底意地の悪い表現が多いように思うkazanです。 この背景には、左翼が追い詰められて、発狂状態にあるのかとも考えれますが、どうでしょう? 幾つかの背景を想像してみました。 SEALD'sに見られるように、学生活動家の…