読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

七カ国国防相会議+動画・青山繁晴

.wlEditField { behavior: url(#default#.WLWRITEREDITABLESMARTCONTENT_>_.WLEDITFIELD_WRITER_BEHAVIOR) } blockquote { behavior: url(#default#BLOCKQUOTE_WRITER_BEHAVIOR) } #extendedEntryBreak { behavior: url(#default##EXTENDEDENTRYBREAK_WRITER…

クルド人陣営マスタードガス攻撃を受ける

高雄でネットニュース精読中です。民主党、共産党、社民党の威勢のいい女性議員さん、「福島瑞穂之神」ご真筆の「九条の御札」をもって中東へ行って来い。成果があったら、即日kazanはプロ市民に変身して見せる。ヤッテミンシャイな! やはり、使用された化…

twitterでアニメをisisに送りつけ、おちょくりまくる

管理人が、最も楽しく読んだのは、女の子のイラストをのせて、どの子がお好みですかとメッセージを送ったようです。 かなりしつこく送ったようで、敵の方はtwitterのアカウントを削除したらしいことがわかり、「大笑い」

イスラム国攻撃と文化の衝突に介入することのリスク

更新しました。 アメリカとオバマ大統領によって、世界は、イスラム社会への介入には大きな代償を伴うことを学習したのだ。

イスラム国ISIS掃討でオバマ・米国はどこまでできるの?

明らかに「文名の衝突」です。 しかし、サミュエル・P・ハンティントンですら、ここまで事態を想像できたのでしょうか?

ISIS イスラム国 この狂気とグロテスク

衝撃的で耐えられないグロテスク、 狂気のイスラム国ISISに実態

米人ジャーナリスト殺害の実行犯の男を特定

世界に衝撃を与えた米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏殺害の実行犯の男をイギリス情報機関は人物の特定ができたようです。 先週の、「ザ・ボイス」で青山繁晴氏の状況を抑え気味にした解説を聞いているだけで、状況が想像でき、それだけでも、…

中東、動乱のシリアでにほんじん、拘束

MSN産経ニュースは、中東シリア北部でISISにより拘束された日本人、湯川遥菜氏に関する情報を以下の通り報道しました。 【湯川氏?「日本から来た」「写真家だ」 動画投稿サイトに「尋問動画」が公開 】 以上記事見出し。 リンクは全文。http://sankei.jp.ms…