katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

国歌と国旗

21日東京地裁が出した判決に絡んで。

国には国旗があって、国歌がある。

当然のこと。

現行の日本国国歌は「君が代」、国旗は「日の丸」。

活火山が20数年前、バンコック滞在中にタイ人の友人と共に、中学生のサッカーの国内試合を観戦したことがある。

試合前、国旗の掲揚と国歌の斉唱があった。

観衆は皆起立・斉唱、活火山も友人と共に起立、国歌は知らないし、タイ人ではないから斉唱しなかったけど。

国旗と国歌には起立と斉唱が伴うのは当然のこと。こだわる必要は無い。

軍国主義の象徴が「君が代」と「日の丸」だから反対する人、特に知識人と称される人が居る。

軍国主義が良いとわ思わない。

確かに、少なくとも過去130数年の中の数セグメントの次期に、日本は戦争状態にあった。

国家と民族の存亡を賭け、国家間の利害の衝突の頂点に位置する戦争状態の時、その国の軍隊や国民は反戦歌を歌うのか?

ピースマークの鳩の絵が付いた旗でも振るのか?

当然の形でしょうと思う。

 

仮のシミュレーションを!

日本の、反日の丸、反君が代を標榜する知識人が、海外に滞在中クーデターが起こった。

彼らが宿泊しているホテルにも、反乱軍の砲弾が撃ち込まれる様な状況の時、多少機転の利く知識人だったら、シーツに口紅か何かで日の丸を書いて部屋の窓越し表示させ、砲撃を避ける行動を取ることは当然のシナリオ。

グローバル化した今日、教師だったら、その教え子に、将来海外に行った時、現地で戦争、争乱状態に遭遇したときのリスク回避の一手段として、「日の丸」の効用を教えるのは当然至極の常識。

公式の場で、国旗掲揚や国歌斉唱時は起立が常識。

少なくとも現行の日本国国旗は「日の丸」で国歌「君が代」、であることは国際スタンダード、常識。

常識を知らない教師の教え子は悲劇そのもの。

それができない教師は、教師を辞めたらイイ。

チシキ人は知ってると思う。

一党独裁国家で言論統制あり、覇権主義国家、死刑判決乱発、人権蹂躙国家で軍拡に国家予算の10パーセント以上を投資しているチシキ人の大好きな理想郷、<中華人民共和国>、

中国の国歌は「義勇軍行進曲

ですぞ。

コレって、抗日戦歌にしろ、かなり軍国主義と思う、今夜の活火山です。