katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

二大政党へのトリガー

<格差><年金><福祉><政治倫理>のみが先行し、<安全保障><拉致>が置き去りにされた
感がぬぐいきれない参議院選の結果。

このねじれ現象は後三年は継続。

自民・公明が圧勝しても、自民・公明が今度の総選挙で野党とイーブンでも同様。

ねじれ現象が解消されない限り、また総選挙での自民・公明の敗退で、早晩政権交代はあると予測する。

この場合、100歩譲って、ひたすら政権奮取のみに行動してきた民主党の存在価値は認めるものの、社民党
国民新党、あるいは活火山の記憶には、うろ覚えの少数野党をどのように淘汰していくのだろう。

できたらダーウィンに尋ねてみたい活火山の心境だ。
広告を非表示にする