katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

マダムが逝って丸一年

マダムことミセス活火山が逝ったのが昨年3月6日朝だから、丁度一年になる。


マダムが亡くなって、初めて知る、多くの人の厚情に感動され通しの一年だった。


生前は口うるさい女と思っていたが、居なくなると、このほかあの<口うるささ>が懐かしい。


 


<おくり人>なる映画がヒットしているらしい。


活火山も興味を持つ1人だ。


仏さんを送り出すと、最初の一年はすべからく、本人とその家族が帰属する様々な<共同体>の<しきたり>に従って、時系列でそれぞれの行事が進行していく。


<共同体>には家、家族、親類、友人、ご近所さん、お寺、地域がある。


活火山の、宗派は<浄土真宗・大谷派>簡単に言えば京都・東本願寺派に属する、東北・日本海に面した末寺菩提寺になる。


葬儀後、菩提寺には2回。


菩提寺には、マダムの<永代供養>をお願いしてある。2回の訪山はその為の打ち合わせだった。


京都東本願寺に分骨で1回、仮納骨してある池袋<雑司ヶ谷霊園>には仮納骨後7回、一周忌で、浅草本願寺へ打ち合わせを含めて2回。


本来あまり信仰心の無かった活火山、子供が居なかった事もあって、全ての行事を1人でこなしたが、その結果、結構<門徒>としていっぱしの格好が付けられるようになったから不思議だ。


門徒>とはこの共同体たるこの宗派の構成員のことで、かって信長と身体を張った<一向宗門徒>の事だ。


 


今朝は、かろうじて覚えた<正信偈>を読経し、付帯の文章を朗読するなど自宅で約30分のフルコースで<おつとめ>をし、8時30分に雨の、中車で池袋・雑司ヶ谷霊園へ向かう。


途中、北池袋で義姉と合流することになっており、明治通りが渋滞していたが迂回することも叶わず、ひたすら飛鳥山から西巣鴨まで我慢の運転をした。


到着後、昨日用意しておいた花を生け、焼香。


案外、簡単に済む。


これで、一年経過のセレモニーはとどこおうり無事に終了だ。


 


活火山の共同体では、これで<喪明け>と言うことになる。


これからは、チョイとばかり活火山の新しい生き方を模索するか?


 


 


 


 


 


 


 


 

広告を非表示にする