katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

アニメの殿堂

秋葉に<アニメの殿堂>の構想が。


元は、手塚治虫の悲願であった<アニメの殿堂>が、平成21年度補正予算で建設費117億円が計上された「国立メディア芸術総合センター」(仮称)それだ。


賛否両論だが、この箱ができると、文科省か文化省の天下り先が1個増え、補助金が予算化され、結果新たな国税の出費を招く。


手塚ファンの一人でもある活火山だが、秋葉原に作るという発想も、背景が単純と言うか、あまりにも貧困だ。


仮に、国際的な価値や必要性があるものであれば、その候補地は他にもたくさんあるだろう。


<おたく>で賑わう秋葉に作ることの意図がミエミエな構想より、過疎化や地方活性化対策にもメリットがあるような候補地なら、あるいはその存在価値があるかもしれない。


お茶の水博士>をはじめとする有識者は、どう思っているんだろう?


 


 

広告を非表示にする