katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

ついに負傷。それにしてもインストは冷たい

それは、昨日17時。


ジムで快調にランニングマシン上を走行中、時速8.5キロ、傾斜:0、エネルギー消費は約360KCal時で38分経過の時、右足のふくらはぎから足首にかけて、つった状態に!


開始前に、十分ストレッチはしたつもりでしたが……


運動中に足がつったことは過去に一回。


それも30年くらい前だ。


テニスをやっている時になったことがある。


その時は、シューズを履いたまま、シューズごとつま先を引っ張り、足の土踏まずと足首、ふくらはぎをストレッチで解消したものだが、今回はそんな生易しいものではない。


手すりにつかまって、階下のフロアのロッカールームへ移動、風呂へ急行する。


ジェットバスの中で、ふくらはぎと足首を暖めながらマッサージをする。


状況は変わらず。


結局、着替えて帰り仕度をして、インストラクターに相談する。


<トレーニング前にストレッチは十分にやりました?>


言われるとチョット自信が無い。


しかし意を決して<やりました。やりました。いつもと同じように!>


つった後の処置と経過を話すと、


<まぁ、今日は安静にするしかありません。お大事に!>


老いを迎え、負傷して歩行もままならない活火山には、インストの対応がなにやらツメタイような印象が否定できない。


足をかばいながら、フロント脇のマッサージ室へ直行する。


中には顔なじみになった若い女性のマッサージ師もいる。


男性のマッサージ師に事情を話すと、直ぐに対応してくれる。


感動に涙ぐみながら、指定されたマッサージ台にうつぶせになり、本格的なマッサージと電気をしてくれる。


その間、顔なじみの女性マッサージ師と会話。


<腰が治ったら、今度は足がつっちゃった!もう年には勝てない>、活火山、哀れみを乞うような卑屈な表情で話す。


そうするとテキも、やはり客商売、活火山の意を汲んで、一応親身な対応。


馬鹿な活火山、そうとは解っていても感動に涙ぐみ、対応に満足する。


そうなると、先程のインストはなんだ!


チョット、ヒャッコイ(冷)じゃない?


この温度差にほだされて、明朝一番でマッサージ室に行くことを約束して帰宅する。


イテェ、イテェ。