katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

坂の上の雲第一部が終わる

12月27日放送、NHK<坂の上の雲>の五回目を昨夜ビデオで見る。


今回のまでの5回が第一部。


第二部は2010年(来年)と聞いていた活火山、2010年1月から始まる<坂本竜馬>との時間帯の絡みを不思議に思っていたら、この疑問が解けました。


第二部は全4回構成で来年の12月、要するに<坂本竜馬>が完した後の年末までの4週間で放映するものらしく、第三部も2011年の同時期の予定らしい。


NHKもまったく罪なことをするもんだ。


近年、原作、テーマ、シナリオ、製作、構成そしてドラマ自体が、これほど話題になった作品は無いであろうに、第二部が一年後とは…


これでは、かなりフラストレーションが溜まります。


一(ひと)世紀前の、貧しくも希望と未来の輝きがあり、社会がほぼ一体となっていた明治という時代に、とりとめも無く郷愁、憧憬を抱くのは、現状を否定したい願望の裏返しなのかどうかは知らないが、これから、この作品の第二部、第三部を見られずして逝くひとも多かろうと思うと、NHK、罪なことをやるもんだ。


<続編、早く、どうにかならんのかいな>


答えは判っている。


<まだ出来上がってもいないものを、お見せできまへん>


まるで<男はつらいよ>のフジテレビドラマから誕生した映画<男はつらいよ>の背景にあったような熱気がマグマのように感じるのは<おじさま>世代と<活火山>だけか?


 


 


 

広告を非表示にする