katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

大晦日、懐メロに浸る活火山

政権交代のあった2009年、活火山には忘れ難い一年となった。


昨日は、JAL株で狼狽した活火山、この年末・年始、新作戦を組み立てしようと雌伏する。


それにしても、JAL再生に対する政府のスタンスには翻弄される。


一貫性の無い、場当たり的な対応、朝日新聞ですら、


<追い込まれると、場当たり的で一貫性の無い対応をくりかえす>と言わしめさせた。


このあたりに、この政権の危脆さが見えてくる。


この2ヶ月間の対JAL対応のお粗末さが、結果的にどれほどJAL株価の低下を招いたか。


現政権のお粗末さが、この年末に来て、最大の損失を活火山に及ぼした。


活火山の総資産の約10%、ドブに流してしまった。


最近のニュースによると、新年3日に対JALの方策をコメントするらしい。


今度の正月休み、米国市場動向、外国為替、そしてJAL国交省から目が離せない。


つい今しがたまで、テレビ東京の懐メロ歌番組を聞きながら熟考した。


まずは、損失を取り返さなくては。


理想のシナリオ。


<3日のコメント次第では、72円前後で仕込み、4日には10円から20円になる15はず>


中をとって、ネット13円高当日売りで、10,000株で13万円、50,000株で65万円。100,000株で…


悪くはない。


こんな初夢を見たいと思いながら、懐メロは終わり、今新政権の検証をドラマ仕立てで


やっている。


そろそろNHKにチャンネルを変えようか。