katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

デジタル化で断捨離

断捨離生活の基本は捨てること。

整理してたら、古いolympusボイスレコーダーが出てきた。

再生してみると、亡妻の声が入っているではないか。s

これを処分してしまってはまずいと思った活火山この音声を

まずはPCに取り込むことに挑戦する。



普段小回りよく使っている AcerのネットPCはOSがXPで

アクセサリーにサウンドレコーダーが見当たらない。

google>で<ボイスレコーダーの音声をOCに取り込む>

で検索すると、フリーソフトで<♪超録>が見つかった。



早速ダウンロードし、テスト録音してみると、結構音質がいい。

使い勝手も、最初はチョットわからなかったが、 何件かテスト

tryしてみると、さほど難しくないようだ。

超録


慣れてくると、活火山、気分はもはやイッパシのサウンドプロデューサーだ。

これなら、処分に困っていた、カセットテープのデジタル化も

簡単にできそうだ。

カセットテープ




デジタル化ができたら、それをitunesにとりこみ、好きなというより

好きだったお気に入りの曲が、 ipodで、 ipadで、 iphone

聞けるようになるじゃないの。



ここまで書けば、活火山はMacの回し者かと思われるかもしれないが

Macipadを販売して以来、活火山は大変な信奉者の

ひとりなのだ。



活火山は、かねがね ipadはパソコンの発展線上に位置する器械

とは思っていない。



文化の創造と思っている。



また、脱線した。    閑話休題



これで、カセットテープを処分でき、必要な音源をデジタル化

したあとの、ボイスレコダーは、活火山の中国語の<お勉強>の

ツールになるではないか。

広告を非表示にする