katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

日課

昨年電子版の日経新聞の購読を解約した。
その分、フリーの電子版で
MSN産経ニュース><読売><ロイター>
を読む時間が増えた。

そうした中で、MSN産経ニュースのTopPage>
オピニオン>産経抄、その次が
ToppPage>国際>中国・台湾、次がTopPage>
国際>朝鮮半島へと進む。

今日の半島欄では、東亜日報鹿児島県
南九州市の特攻隊員の遺書などを世界遺産
に登録しようとする動きを、<5日付け韓国紙は
「歴史を無視する日本の態度に批判が高ま
りそうだ」>と報道している。なんと、
鹿児島市の動きは<軍国主義の病的な
極み>
らしい。

現代史のリアルな史料であるものを、世界遺産
して後世まで伝えていこうとする同市の行為を
踏みにじる事である。

常日頃、歴史研究の先達として、わが国が歴史を
捏造すると非難する国が、かようにも矛盾した事
を言い出す、このご都合主義には辟易させられる。

1945年8月16日以来、紛争や治安、軍事行動に
関連した戦闘行為で弾丸を1発も撃たず、覇権も
求めず、すべて選挙で政権交代をしてきたわが
国が病的軍国主義に冒されているという韓国は、
この間の独裁政権、内戦、自国民の虐殺、
クーデター、軍事政権、戒厳令民主化運動の
弾圧、ベトナム戦争の参戦等の負の歴史を否定
できるのか。

国際的に共有された平易で国際的にもスタンダ
ード歴史見識すら理解できない国家指導者、
政治家、官僚、司法関係者、知識人等で構成さ
れた国家が何をか言わんやではないか。

広告を非表示にする