katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

潜水艦と安全保障

昨日アップした【海自】の【蒼龍型】潜水艦の動画をアップしてたのですが、 Blog上では見れないと言うことで画像に入れ替しました。


先日、 【Youtube】で【チャンネル桜】を見てて判ったことがあります。 今しきりに政治の世界で話題になっている集団自衛権に絡んだ話でしたが、 将来、 海上自衛隊が遭遇する戦闘行為、 警察行動は地域限定型で、 雌雄を決するような会戦はありえないということが紹介されてました。

目下の仮想敵国は 中国と北朝鮮です。 海自として特に現実に直面する確度は、尖閣海域とそこを含む東シナ海です。 見れば広いようですが、 実際は とても狭い海域だそうです。

そこに、 中国海軍が総力をあげて、 稼働するすべての艦船を繰り出し、 日本も持てる全ての艦船を結集させ、 東シナ海会戦が起こるなどということはありえない。 限られた戦力と防衛力で限定された攻撃力で対峙する、 局地戦みたいな形が一般的であるらしいのです。 

今の護衛艦の甲鈑は、 船体重量を軽くするために極力薄くなっております。 これは、 相手も同様です。 攻撃の思想とシナリオが、 昔とまったく異なります。 ですから一発食らうと、 沈みます。 すべての電子装置と連動する火器(兵器)は向かってくる相手のミサイルあるいは魚雷を迎え撃つことで被弾しないようにするという思想です。

海自の航空部隊の対潜哨戒能力、 潜水艦の隠密性と攻撃力は、 世界トップレベルで、 航空自衛隊の制空能力も世界有数のレベルにあり、 数時間で決着がつくだろう。 この制海、 制空能力を相手の航空戦力、 艦船、 空母 潜水艦は突破できない。

相手が冷静であれば、ほとんど日本に攻撃は仕掛けないだろうということです。  ここで、 バシー海峡がクローズアップされてくるのです。 
広告を非表示にする