katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

中国外務省、南シナ海問題への不介入を米国に要請


net


中国外務省、南シナ海問題への不介入を米国に要請。 ロイター日本語版は、米国務省のマイケル・フックス副次官補(戦略・多国間問題担当)が、ワシントン 市内の公園で、南シナ海での中国の挑発敵で一方的な行動から、 中国は国際法に従わないとの疑問を呈したことで、 南シナ海問題への不介入を要請した。

リムパックも終盤に入り、 南シナ海が徐々に微振動を始めるようです。

自らを、平和をことのほか望む、 民主的な大国としてふるまうかの中国は、 一年半前には習近平国家元首が自ら人民解放軍に対し、「戦争に備えよ!」を演説し、軍部の高官は「100発のミサイルで日本を火の海に」を機会あるごとに発言を繰り返す。

この国は形骸化したと言えども、 安保理の常任理事国ながら、 物事の基本がまるでできていない歪な国家です。 頓珍漢んな自己流の解釈で、 法秩序を破壊していく様は、 歴史的にあまりにも遅すぎた妄想的帝国主義そのものであり、 観る者を辟易させます。