katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

金慶珠

093078e8

連日、 地政学では、 ネタ切です。 たまには寄席と同じく、 仲入り後の「色物」です。
今日は、 リンクのほうが読み応え十分です。 

金慶珠は大学の准教授がタレントになったケースです。 トーク番組では、 相 手の意見を遮り、 論点をすり替え、ひたすら韓国の利を強調し、 現実を認めようとしないヒステリックな露出で、番組制作者の意図している方向へ誘導でき るという点から、製作者側には大変都合のいい存在です。 最近では、 番組で青山繁晴 氏にやり込められ、 次回以降、 同氏と同席での番組出演を拒否し 話題になりました。

最近、 話題のブログに「中韓を知りすぎた男」があります。 この中では、 TBSがどのような経緯で在日韓国朝鮮人を採用するに至ったのかが克明 に書かれています。ある時点で露見した局側の過失に恫喝をあたえ、採用枠に無試験採用の在日韓国朝鮮人枠をかせられ、 年を追うごとに社内在日韓国朝鮮人 の存在が強くなると、 「悪貨は良貨を駆逐する」のとおり、 日本人が見限った去った職場はいつの間にか特殊枠で採用されて在日韓国朝鮮人が各ポストに座 ることで、 意図的な情報操作がし易い環境になり、 この仕組を仕組んだ側にとって、 予想以上の効果をあげたことが、 他局へも拡大していったというこ とです。

こうした環境で制作される番組には、 金慶珠は最適な条件を備えており、 現在では大学の教員というよりタレントとしての存在のほうが重く、 芸能 プロダクションに所属しているくらいです。 そのせいか話題も多く、 次なる情報もネット上でう行き交っています。 帰化はしてませんので、 母国へ帰れ ば、 トンハイ大学の准教授としての名声が高いものと思われます。

昨今では、 日本の伝統的な大学教員採用プロセスである、 主任教授の研究室で、 副手、 助手、 講師の過程での研究、論文の成果による採用手順を経ない1982年外国人教員任用法に基づく、 安易な外人枠での採用教員による弊害が指摘されています。

 

中韓を知りすぎた男」 日本の油断 7月2日 http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1003.html

日本人による韓国人への批判は全て人種差別ニダ!公費で維持されている大学の教員による「反日教育」って何よ?http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11857089460.html

広告を非表示にする