katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

台湾産の洋酒

2013073117150386386

この他に、 ジンとラムがあり、 「TTL」(Taiwan Tabacco & Liquor Co )から発売されています。 TTLは、台湾ビール、高粱酒、日本酒、紹興酒、ワイン、ウイスキー他多数製造販売している企業です。元々は、日本の専売公社のような組織だったものが、民営化され今日に至っています。



台湾で洋酒?という疑問がわくかもしれませんね。 アルコール製品を作ることは、日本統治時代から経験と技術があります。 また、日本では、サントリーやニッカウィスキーのように、本来英国や、フランスで作られていた洋酒を国産化したのと同じ文化が、台湾でもあるということです。



TTL社とは、違うメーカーで、 世界で最も旨いといわれるウィスキーが台湾にあります。シングルモルトウィスキーで【KAVALAN】カバランで、メーカー名が、金車ウィスキー酒造 社です。


product_04

このウィスキーのことは、数ヶ月前、facebookページで知りました。 そく飲んでみようと思い価格を調べて、やめました。 世界のコンテストで一位にランクされた銘柄は、日本円で19,000円だったと記憶してます。



最初に紹介したウォッカ(伏特加)を見つけた時は、 その場でスマホのネットで(VODKA)を検索し、 間違いなくウォッカということで買いました。



1本250台湾ドル、 今ですと850~900円位です。日本で甲類焼酎の樹氷トライアングル、純などを、炭酸かトニック・ウォーターで割飲み方と同じです。今度は、 2本買ってきて、一本は二フィンガー位飲んでから、 コヒーの豆を入れてしばらく置き、 カカオ風のウォッカにするのも面白いかもしれません。



広告を非表示にする