katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

焼酎のグレープフルーツ割

最近、夜行性になった活火山、新聞に読みふける。手許には、焼酎のグレープフルーツ割。


活火山、グレープフルーツは嫌いではないが、


<薬を飲んでる場合、グレープフルーツは食べないように>


と医者や薬剤師から言われている事を思い浮かべる。


マダム活火山が逝ってから、祭壇の果物が絶えない。


その果物を1人で消化している毎日で、グレープフルーツの処理に考えたのが、焼酎のグレープフルーツ割。


早速100円ショップに行き、とんがり帽子状のグレープフルーツの絞り器を購入した。


傷まない内に、せっせとグレープフルーツを搾ってはオンザロックの焼酎にいれる。


これは結構いけます。


もうかれこれ8年くらい前、西浅草3丁目の<鮒忠>のカウンターで一緒にいた連れに勧められて呑んだのが焼酎のグレープフルーツ割。


口当たりはいいし、結構好きになったのだが、実は活火山、かなりヘビィなサプリの愛用者、後で医者や薬剤師からアドバイスを受け、積極的にこの飲み物を飲むことを避けてきました。


ところが、我が家にはグレープフルーツが頻繁に常駐する事態になり、元々セコイ性格の活火山にとって捨てることが出来ない性分から、一気にこれを消化すべく、考えたのが焼酎のグレープフルーツ割。


この結果、この3週間、焼酎のグレープフルーツ割を呑み続け、今夜が記念すべき最後の焼酎のグレープフルーツ割になった次第。


この間、習慣になって摂取していた、総合ビタミン剤や、アンチエイジングのサプリの効用はどうなっているんだろうか?


少なからず、心配が脳裏をよぎる。


心配と消化した満足感が交差する4月9日(4月10日)の深夜だ。


 



広告を非表示にする