katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

活火山のブルーレイレコーダー、絶好調

坂の上の雲>を録画するために購入したブルーレイレコーダーが絶好調。



この名作の映像化を待ちに待ってた活火山、第1回、第2回を録画成功♪



10万円を切る価格で手に入れたパナソニックのブルーレイレコーダー、久方ぶりに選択が間違っていなかったと満足。



パナソニックだから、SONY製品と違って、保証期間が切れる頃にメカが壊れる事はないだろう。



それにしても、日本陸軍の騎兵の礎となった兄、日本海海戦の参謀となった弟、兄弟の家にとっては、松山藩では上士にあたる家の総領である正岡子規の群像を描く、司馬遼太郎の<坂の上の雲>、映像で見てもわくわくするほど面白い。



質素な生活がみじめたっらしくなかったのは、この時代のすべてが貧しく、そのため今で言う<格差>と言う概念が無かったことによるもだろう。



<明治の人>はその質素な生活の中に、欧米を模倣し、欧米に追いつかなけれならないという国家的使命、この作家はこれを<坂の上の雲>と例えたのか。



ここで活火山の陳腐で貧弱な能書きは無しにして、今、第2回の録画の三回目を見ながらブログを更新している。



このドラマ、本当に面白い。



視聴率は絶対30%は堅いと一人思っている。