katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

冬本番

寒くなりましたデス、本当に。



近頃はこの寒さ、活火山の身体、心、脳細胞を寒からしめます。



今夜、上野の<伊豆栄>で飯を食べ、帰ってきた所。



今夜の活火山少々ご機嫌斜め。



一緒の連れの相方は、はっきり活火山に言います。



「この間の<尾花>のほうが美味しい!」



「当たり前じゃ、値段が倍だろうが!」



最近この相方は、活火山にずいぶんと遠慮の無い言い方をする。



B級グルメならかなり自信のある活火山でも、最近は少々ネタ切れ状態。



パリでは、その親族にいろいろと世話になった手前、最近は少々気合を入れてA’グルメまで範囲を広げているのだが、なかなかお口に合わないようで、即、活火山に言う、「美味しくな~い!」



どうする!



大体、今の日本で美味しい店は本当に少ない。



オヤジが手つくりで、味を守っている、しかも安い店が本当に少なくなった。



表通りの居酒屋はすべてチェーン店だ!



どこも、おんなじ味、単に値段と店の雰囲気だけで競い合っている。



結果、価格競争。



チェーン店の集中仕入れと食材の加工・物流システムでは、オヤジさんの店では対抗できない。



盛り場からドンドン消えていく、美味しい店、活火山には限りなくさびしいことであり、この現実を目の当たりにさせられた時、時節柄、季節柄、身も心も、そして感性も寒くなる。



冬本番だ!



 



広告を非表示にする