katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

東京を離れて35日、かなり荷物の整理が進んだが…

断捨離と洒落込んだ活火山、意を決して台湾・高雄市に居を移し、今日で35日が経過する。


高雄は想像してた通り暑い、暑い。暑いです。


 


何が証拠に、先日11時頃、銀行に自動引き落とし手続きをしに行った時のこと。


 


行った先は、Citi BankのGang Du Branch、 台湾語表記は


花旗銀行・港都分行ということになります。


 


地下鉄の駅を出て歩くこと数分、たどり着いた銀行はお客が少なく、窓口が本当に空いている。


この国では、昼間の暑い時間、とりわけ夏場の今は、必要でない限り外出はしないらしい。


 


それ位に暑い。


 


そして、このクソ暑い時間帯に、セコセコ歩いて目的地に行く人種は、必要に迫られ、やむにやまれず


一大決心をして出かけるケースか、この暑さを物ともしない果敢な日本人(ズーペン)だけだそうな。


 


そして、そのズーペンの典型、鏡、standardたる活火山を、周囲の台湾人は憐憫の情で見ているに


違いない。


しかも、表情にはあたかも親愛なるズーペンと言いたげな微笑みを浮かべつつ、きっと深層ででは


哀れんでいるに違いない。


 


元来根がセコい活火山、エアコンをツイツイ止めてしまう。その結果うだるような暑さの中で、気力と体力を


全喪失させてしまい、あとダンボール6個位のところで、整理が進まない。思い切って捨ててしまえばいい


ものを、やはりセコい性格はそれを許さない。


 


今週末くらいには整理が着くといいのだが、どうだろう?


しょうが無いね、暑いんだから、また自分に甘くなる活火山だ。