katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

高雄中央公園駅前のラーメン 花月

花月>は日本のラーメンチェーンのブランド。



活火山、残念ながら日本では食べたことが無かった。



理由は簡単。



知らない味のラーメン屋には行かないと言う<防御反応>が人一倍強い所為で



正気の状態(飲んだときは狂気)ではまず行かない。







仮に行った場合でもオーダーするのは、知らない店では決まって

<醤油ラーメン>。



この活火山の黄金の法則は、2系統のをラーメンを食べてきたことから開眼

確立した。



第一系統:屋台のラーメンの味



第二系統:日本蕎麦屋のラーメンの味







この共通点は、2点に尽きる。



その一は和風だし、大体が昆布ダシ、かつおダシ、さばぶしダシ

イワシ煮干しダシを使用している。



そのニは90%以上の店で醤油味で、まずい店でも、何とか完食出来る

許容範囲にある。



以上の経験則から、活火山のこだわりにラーメン屋は、赤坂で2店

青山で1店、新橋1店、銀座2店、新宿1店、渋谷1店と決めてひたすら

修行、研鑽を積んできた。







いけない、すぐフライング&ワープしてしまう、あるチュウハイマー症候群の活火山



本題に戻ろう。







縁があっての高雄・中央公園駅(地下鉄)の向かいにある<花月>。



初めて入ったのは10ヶ月前。



コレほど日本と同じ味を提供している食べ物屋は、知る限りこの店が初めて。







感動しましたネ。





台中で裏切られたラーメン屋は片手の指では収まらない。



10ヶ月目前に食べてから、 高雄の店に複数回



以来、帰国して



浅草店に2回。



広尾店(麻布)で1回。



駒沢通り学芸大店で1回





台北駅ビル2Fの店でも2回食べたが、結局、高雄店が目下のところ



台湾ではNo.1だと結論した。







シラフ頭で考察した活火山、理由は、温度と判明した。



ひょっとすると、本店のマル秘か高雄向特別バージョンのマニュアルが

あるかも知れない。



その結果、活火山好みの日本テーストに近い納得の味を

維持できているのだろうて!