katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

台湾、生ビール物語 (2)

幾度となく生ビールに挑戦しては失敗を繰り返しました。その度に、

決して生は注文するまいと決めるのですが、高雄の夏場の暑さはそ

の決心をすぐに揺るがします。冷えたジョッキの表面に薄く広がる

霜とあふれる繊細な白い泡、視覚的記憶が海馬を刺激し、店員に

生を注文してしまいます。



これで、当りの時は、もう一杯でルンルンです。しかし、勝率は

あまり芳しいものではありません。

台湾の場合、国産ビールは<台湾ビール><青島ビール>があります。

税金の関係でしょうか、缶ビールで比較すれば、ショート缶が100円

前後、ロング缶が150円。いずれもコンビニ価格で日本円換算です。

簡単に言えば、日本の発泡酒のコストでビールが飲めるという事です。



アルコール党には、なかなかいい環境の様ですが、不思議な事があり

ます。



今を去ること、25年くらい前、台湾では、レストラン、屋台、飲み屋

で食事をしながら紹興酒やビール、持込のウイスキーやブランディー

を、ほとんどのテーブルで呑んでいました。それが、現在では、その

光景がほとんど無いのです。



台湾人は焼肉や鍋料理が大変好きです。真夏の暑い時でも、平気で

鍋を囲みます。ところが、その店で、ビールを飲んでいる客はほとん

どいません。中には、ビールを置いていない場合も珍しくはありませ

ん。さらに、この三年間、紹興酒を呑む光景を一度として見ておりま

せん。



不思議です。



理由は、健康志向で、ほとんどの方が呑まないんだそうです。活火山

には理解できません。焼肉とビール、鍋とビール、これは日本では

最高の組み合わせですが、台湾では異なります。



このような環境ですから、ほとんどに店では、アルコール系飲料と言

えば90%以上がビールのみです。幸いなの事に、台湾ビールには、

数年前から、普通瓶サイズの<瓶生>があります。当たり外れの<樽生>

よりはという事で、<瓶生>を呑むのですが、実感として普通の瓶ビール

違い無いような気がします。最後につまらない駄洒落。



違いの解からない男のビール、フッー。。。