katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

NAOTOに知らなかった日本を知る

011441565b3d606892a961274c494c7dcec22b8904 (2)

台湾でもNHK【スタジオパーク】が見れます。毎日かどうかは解りません。 台湾時間15時頃ですから、東京時間16時ですのでリアルタイムでは無いですね。

出演してたのは【NAOTO】です。kazanはお初です。 最初に聞いて、クラシック畑のポップ転向系かなと思いながら聞いていましたが、 聞いてるだけでなら、ほとんどクラシック系。演奏と会場の聴衆を見てると、ポップです。

この系譜、日本ではいつ頃からでしょうか? kazanが最初に知ったのは、【coba】のアコーディオン演奏です。 アコーディオンは元々好きではなかったです。

従来見て(聴いて)きたアコーディオンと言う楽器、単調な演奏法と、単独で伴奏も兼ねられる。この利便性から、歌声運動とか、代々木のある政党の青年部が好きな、ダサい集会の労働歌か革命歌の伴奏を聞くみたいで、いじけた印象が強かったからです。

イタリアで演奏を学び、帰国したcoba の演奏をはじめてテレビで見た時は驚きました。彼が演奏するアコーディオンと、チンドン屋さんがのアコーディオンは楽器そのものが違うのではと思ったほどでした。

以来、バイオリンでは【葉加瀬太郎】にも興味がわきました。 彼の【情熱大陸】ほ本当にいいですね。 台湾に来る際にしっかりiPod取り込んで持参したほどです。

それに続かのよな【NAOTO】もいいですね。 ジャズの世界ではショパンモーツアルトの曲をジャズにアレンジしたものを学生時代聴いたことがあります。

イージーリスニングとして気軽にクラシックに触れられる、このジャンルの音楽の存在はとてもイイです。 この域になれば、やはり、その道の達人なのでしょう、 派手な演奏パーフォーマンスもまったく気になりません。

久方ぶりに見たNHKで、知らない日本を発見した思いです。


■■■スマホ・PC 共有 サイト