katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

共同通信のクマラスミ氏の発言に正直で勇気ある日本人がコメントする。

クマラスミ

クマラスワミ氏の発言のポイントは次の通り。

 一、私の報告書だけでなく、別の国連報告書も、 吉田清治 (よしだ・せいじ) 氏の話のほか多くの元従軍慰安婦への聞き取りを基にしている。

■■■自分が関与した報告書はどうなんだ?他の報告書の見解をきいてはいない。

 

一、吉田証言は(報告書の)証拠の一つにすぎず、報告書の修正が必要だとは思わない。

■■■では、他にどういった証拠があったのでしょう?

 

一、慰安婦らの証言によると、軍が雇った民間業者が(元慰安婦らを)誘拐した事例があった。

■■■この見解は明らかに根拠が無い。河野談話と見舞金の存在が誤解のもとか。 軍が民間業者を雇った証拠はあるのか?

 

一、(慰安婦の)募集は多くの場合、強制的に行われた。

■■■日本政府も、軍も関与していない。軍は金を払って利用しただけ。 親と売春婦と女衒との間にいかなるやりとりがあったかは、軍が関与してないからわかりません。

 

一、報告書では「戦時の性奴隷」という表現を使っているが、変える必要はない。

■■■奴隷に金を払う馬鹿がどこにいる。 現在、コロンボの売春婦も性奴隷ですか?

 

一、慰安婦たちには逃げる自由がなかった

■■■売春婦と客との関係、相手の売春婦に逃げる自由が無かったかどうか、知る必要もなければ知る義務もない。

 

一、日本の人権政策は非常に進歩的だが、(慰安婦問題に関しては)なぜ年老いた被害者に正義が実現できないのか理解できない。

■■■国連人権委員会とかなんかのために巨額の金を供出して程度の悪い委員を集め、報告書を作る手助けした不正義を糾しているだけで、 レベルの低い委員や、売春婦に資金を供するは正義と思っていない。

 

一、日本は1995年、元慰安婦に償い金を支給した「アジア女性基金」を設立した。(当時は)慰安婦問題への否定的見解は少なかった。今の日本は95年以前に戻ってしまっているようだ。

■■■あの時は、ウルセィ朝鮮人の口車にはめられただけ。 馬鹿な人権派の委員を派遣した国にODAその他の借款や援助は継続してます。

 

一、慰安婦問題に関して日本は寛大になるべきだ

■■■女性の人格と人権を尊重する文化国家は、スリランカの売春婦に寛大になれという人権派の発言の誤謬を大々的に拡散する用意がある。

 

一、慰安婦問題を日韓関係悪化の根源にすべきではない。

■■■悪化の根源にしては遺憾から、朝鮮人の顔を立てて、結果、 嵌められた。 先進国の一国である日本の学習能力が、カラスは「黒い」と主張しているだけのこと。

 

一、朝日新聞の報道の経緯を国会で検証すべきかどうかは、日本の国会が決めることだ。 (コロンボ共同)

■■■これだけは、価値観を共有できる。


共同通信) 参考:黙翁日録

■■■PC、スマホ対応ブログ・サイト