katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

今日は重い、日本の左翼弁護士・法学者が発信元「性奴隷」 戸塚悦朗弁護士の闇

画像はを見たい方はリンクします。肖像権ナンダラコンダラで来たら対抗できません。 リンク
kazanがメンバーの末席で駄文のコメントを入れているfacebook ページがあります。 今日そこに当グループのリーディングポスターのお一人、京免史朗氏の投稿に、【性奴隷】のネーミングを国連人権委員会で発信したのは日本人弁護士の戸塚悦朗 (今日は敬称をカット)とのこと。

例によって、即Wikipediaで検索しました。

キャリアからして、その動機がわからないのです。 「金」「売名」「功名」「復讐」?想像が付きません。

強いて言えば、一見、社会的に信用の弁護士、 海外留学経験があるので、 かなりの英語使いだろうということは想像できます。

この下で動いていたのは、福島瑞穂などは、「金」「売名」「功名」がはっきりしているから、そうした意味では「まともでは無い、愚か者」、世間でいう「馬鹿」でとりあえず底は見えます。

この左翼弁護士は醜業条約違反として、日本を告発している。 婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約とは、1921年(大正10年)に国際連盟によって採択された条約で、日本は一部留保で1925年批准。

これにこだわっているのでしょうか? それならあえて言いたい。

今、イスラム国では、反対派の婦女子が殺人集団ISISによって、奴隷として売買されています。 韓国には数え切れないほどの売春婦がいます。 インドやバングラディッシュ、スリランカには想像を絶する売春地帯が実在します。

言葉が悪くて恐縮です。

「弾の飛んでこないところで、非現実的なことをやってんじゃねーよ! 国を貶める前に、イスラム国へ行って来いや」。 本当に不愉快ですね。 この弁護士、かなりの高齢です。 年金を受給してるんでしょうね。 おかしな国です。

追加

この弁護士は、「日本融和会ジュネーブ国連代表」と名乗っているが、どこを調べても「日本融和会」の存在は不明で、検索にヒットしません?


■■■WordPressのスマホ・PC対応kazanのサイト