katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

パスワード

IMG_1131

昨日、日本時間19時00分のNHKニュース、カード情報が盗みだされる被害が続出してる報道がありました。

最大の原因は、ひつのパスワードの使い回しです。これは絶対にいけません、と、もっともらしく言いたいところですが、そう簡単に実行できるものではありません。

事実、kazanは、松本清張ばりの【黒色の手帳】に、各ページごと、または見開たページごとに、1件の情報を書き込んでおります。大きさは、昔の三開きの健康保険証より一回り小さい手帳で100均で購入したものです。

今日は、こんな低次元の、しかもアナログ的な話ではありません。

facebooktwitter複数のブログ、その他、少ない人でも5個、10個は珍しくありません。kazanもご同様です。

昨日、借りているサーバーに新サイトを構築しようと思い作業に入りました。 ほとんど最初のステージで新たなパスワード設定を求められ、従来の使用しているものに、記号をミックスしたのを考えて、打ち込みましたが12桁くらいになると、確認の再打ち込みで、先の打ち込みと違うことではねられます。

シンプルにすると、【強度が弱い】でこれもダメ。 頭で考えても、どこかしら似ています。似ていると、逆に運用過程でkazan自身が混乱して、かえって往生してしまいます。

そこで【お助けマン】を発見です。

パソコンの検索画面で<パスワード><作成>少ないと思ったら更に<乱数表>のキーワードで、検索すると、トップページに10サイトくらいヒットします。

パスワード自動生成です。これが、とても楽です。

ところが、複雑すぎて、メモをとったり、何かしかの保存は絶対に必要です。

kazanの場合、パスワードを管理するのに表計算のセルを利用します。そしてそれは一応本体に保存。念のためファイル名を変えて、もう一件登録。これで、パソコン上パウワードの打ち込みを要求されてら、表計算を立ち上げ、コピペで処理します。

コピペですから、10桁12桁16桁目ではありません。数字のイチとゼロ、アルファベットのエルの小文字、大文字のアイなどを含めない仕様のパスワードも作れます。数も50でも100でも可能です、無制限です。

kazanは、PC本体にダブルで保存した他にUSBメモリーにもいれます。これで安心です。

サーバーでブログを運営すると、一個のブログで夫々のステップの過程で、パスワードが6個か7個要求されます。

似ているものを作ると、メモをとっていても混乱します。

昨日から、ようやく開放されました。その代わり、コピペでなければ【指】と【記憶】と【目】では対応できない状況になってしまいました。


■■■ブログ投稿ソフト【WordPress】での投稿newサイトリンクです。PC・スマホ対応です


広告を非表示にする