katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

土台人-この深い闇の深さを知る


土台人2

これは「どだいじん」ではなく「トデイン」と言うとのこと。

2014年1月末に、ゴムボートで北九州市の海岸に漂着した、内閣府職員の変死事件がありましたが、ネット空間では亡くなった職員が土台人だったと推測され、殺害されたらしい情報が行き交っています。

「土台人」は、北朝鮮のスパイ(工作員)であり、日本国内のサポート組織の構成員、協力者をいう朝鮮語です。構成員の多くは在日の北朝鮮人ですが、日本人の協力者も含まれます。

拉致事件には新潟県を中心とする日本海沿岸地区で発生した事件には、日本人の協力者や土台人の手引があったということを聞きました。

もっと悲惨な話も伝わってきてます。

それは被害者のご家族の日常生活と隣合わせのところに、彼らも同様の生活をしているということです。何かの記事か投稿では、「被害者を手引した土台人や協力者が、被害者ご家族が日常生活で買い物に行くスーパーで同じように買い物をしている隣合わせの生活の恐怖」を読んだ記憶が有ります。

従来はマスコミが発信することが事実と認識してましたが、現代ではその認識は間違いであったことは承知の通りです。

真実、虚実、プロパガンダ、創作が入り混じったネット空間を飛び交う情報の中に、真実が隠れ、埋没している情報があるのは事実で、ITの進化は、それを更に押し進めてくれる時代になりました。

そうした中で、「aoi blog 」と「拉致 大町ルート」を読む機会を得ました。

「aoi blog 」http://aoinomama13.seesaa.net/


「拉致 大町ルート」http://nyt.trycomp.com/takano/oroot.html


高雄に住む前、浅草に住んでいた頃、何回か通院した経験のある医療法人と同系列の総合病院【西新井病院】の名前がでてきたりして、この深い闇の深さを知る思いです。


こちらの動画後半が【土台人】、実体を語る、体験談が入っております。