katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

ウイグル人  トルコ政府、タイ国入国の300人を難民受け入れ


暑い、熱い高雄・台湾から発信してます (;^_^A


■■■2410年8月に【WordPress】で編集・投稿したブログサイトを立ち上げています。 【WordPress】を使うとなんとなく表現力が豊かなイメージなり気に入っております。 スマホとPCの両環境に対応しております。タイトル画像下の【WordPress仕様ブログサイト】から

トゥール・ムハメット 

タイ国に偽造パスポートで入国した300人のウイグル人は本来規則が適用されれば本国に送還され、死に直面することなる。 

かれらは、難民としてトルコへの入国を希望し、トルコ外務省は、迅速な対応で、その受入のために動いたとすニュースは、その方向にうごきつつあるらしい。

ニュースでも報じられておりますが、仮に中国へ戻れば、死刑や拘束されて後臓器摘出や拷問を請けることは確実で、トルコ政府に心から感謝したいとする、世界ウイグル会議研究センター副長 トゥール・ムハメットは氏のTwitterで以上の発信しました。


Twitter 反応】 クリックで拡大できます。

 ウイグル人難民


中国共産党によるエスニック・クレンジングは内モンゴルでは終盤段階、チベットででも進行中、そしてウイグルでは現在最も過酷に進行中です。

日本のマスコミとりわけNHKや朝日、そいて知識人、市民と称するグループからは、この民族浄化を訴え、避難する声は聞こえてこない。 それは、彼等が中国共産党の意志に沿った行動しているようで、あまりにも異様で、不快感と憤りを感じます。