katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

香港と台湾の学生運動の温度差

暑い、熱い高雄・台湾から発信してます (;^_^A

■■■2410年8月に【WordPress】で編集・投稿したブログサイトを立ち上げています。 【WordPress】を使うとなんとなく表現力が豊かなイメージなり気に入っております。 スマホとPCの両環境に対応しております。
タイトル画像下の【WordPress仕様ブログサイト】から

中国の強硬姿勢「裏目」…国民党大敗、対台湾政策見直しも - 産経ニュース http://ow.ly/Fdqkf @Sankei_newsさんから

■ニュ-スの文面通り

であれば、中国(習近平)の読みは、そんなにイイとは思えない。台湾では、台湾語のニュースのタイトルの漢字テロップから、台湾語も話せない自分でも習近平氏よりは先が見えた。今年の4月の学生の運動と、香港の学生の運動は、社会の成熟度の違いがはっきり見えるし、国民を味方にする手法、流れの潮目の見極めは数段台湾の学生の方が上に見えます。
先ほどニュース(日本)で、香港の今回の運動の責任者だとする大学の3人の准教授が明日、警察に出頭するに先立ち、道路占拠の解除を指導しているのを見て驚きました。
大学の准教授が三人が実質的のリーダーであったとは。 それと、出頭と言うものの、限りなく「自首」に近いものであることにも違和感があります。
准教授が指導した割には、展開と置かれている香港の政治的環境に対する認識が全く甘い。   あえて評価するとすれば、2ヶ月間に及ぶ運動が、APECASEAN、G20を見据えていたことと、ウイグルチベットのような死人が出る前に終焉しそうなことです。
かっての宗主国と中国の大きな隔たりは、同じ土俵に上げることは不可能だという意味です。

一方は人の生命には尊厳を認めているのいたいし、中国では、共産党員と言えども、その生命は全く軽い。

香港が返還されて17年、今いる香港人は17年前に香港から逃れなかった人たちです。
むしろこの17年間、サファリパークのバスの中におれたこと自体が幸運で、そのことに慣れすぎていたのではないかと想像します。
中国共産党の殺戮の恐怖を知らなすぎです。 准教授にしても、教え子をここまで先導したことに驚きます。