読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

特定アジアの怪

北朝鮮
朝鮮人 朝鮮総連afr1501130003-n1

二年前に2013年1月のアルジェリア人質事件以来のイスラムけ系過激派による人質事件は、政府の努力のかい無く残念な結果に終わりました。

過去2日間のニュースを点検していると興味あることに気が付きました。

1. 北朝鮮です。 管理人が所属しているfacebookページのグループのメンバーさんの投稿記事にあった内容です。再度探したのですが、不明でしたのでA.A 氏とします。

今回の結果で、北朝鮮が「ニンマリ」だとのコメントです。「なぜ?」

感の鋭い方はとっくにご承知でしょうが、日本政府が今回の事件に関連して、自衛隊の投入をしなかったことで、「一安堵」なのです。 

なぜなら、現在未解決の日本人拉致事件の解決に、日本政府は「自衛隊」の投入という選択肢をとらない可能性が強いということが確認できたからです。

この北朝鮮に関しては先週来、不愉快なことばかりです。

今回の一件と、 北朝鮮の総連「九段ビル」が、落札した四国の「マルナカホールディングス」から、自民党の山内俊雄元参議院議員の仲介で、山形県酒田市の不動産会社は「グリーンフォーリスト」に所有権が移転。

この会社と総連が賃貸契約をして使用を継続することができるということです。

これでは最初の鹿児島のお寺の落札の手続き不履行と、モンゴルの会社の落札を無効の工作がなんのためにあったのかという不満と疑問が残ります。

少なくとも、北朝鮮には、良い新年であることは間違いありません。本当に不愉快千万です。

 

http://jal-jp.com/nettai_takao/post-1504/

https://www.facebook.com/katsukazan/


 
広告を非表示にする