katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

ギリシャとドイツのバトル

宮崎哲弥_3

こちら高雄では、台風一過ながら、日本の秋の台風とはかなり異なります。 またド暑くなりました。気が付けば、スケールの大きいスコールみたいなものですか? これで水瓶は、かなりの水量を溜め込んだのではと想像するkazanです。

今日は、従来より2チャンネル系で拡散されていた「7月9日」です。

日本の様子はどんなもんでしょう?

在日が、泣きながら荷物をまとめて、9日以前に日本から脱出と、日本国民を喜ばせて、「日本人を嵌めきった」と大見得を切る、そんなシナリオだろうと思います。

変わる点は数点あるようです。 外国人登録証が一本化される。

氏名は本名明記になる。

こんなもんではないでしょうか?

巷で噂された、在日狩りのようなことは行われないでしょう。  それにしても、南朝鮮人は、他人を欺くことに異常な才能と快感を感じるようで、やはり日本人とは、合入れないものがあるのは事実のようです。

 

でも、不法滞在は、しっかり通報いたしましょう。

 

■同じ半島でも、今度はバルカン半島ギリシャの一件です。 6日には国民投票の結果が明らかになり、チプラス政権が引き続き、EUへの存続・離脱のバトルが開始です。 

ドイツにすれば、金は出したくないから、そのままEU離脱を願っているのは人情でも、 その結果、デフォルトで損害を受け、 さらにユーロの不安定は、勝ち組の筆頭、ドイツにとってはマイナス要因です。

まして、後に、ポルトガル、スペイン、イタリアと続けば、完全にユーロー解体です。 マルクにも戻れば、当然の超マルク高ですから、貿易収支は一気に赤字にに転落です。

またその結果EUの離脱ともなれば、NATOの構成国であったギリシャが、ロシアや中国に取り込まれ、軍事機密や地政学上のリスクへの対策を排除できないことになりますから、これも厄介です。

今週末に、青山繁晴勝谷誠彦宮崎哲弥、上念司、三橋貴明 各氏のギリシャ問題のでの見解を一覧でアップしたいと考えております。

今日は単発で、宮崎哲弥氏の「ギリシャとドイツのバトル」ハイライトです。

 



22.62644 120.29785

広告を非表示にする