katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

安保法案・衆院特別委員会で強行可決、まずは第一歩です。

高雄にいるので、夜のニュースを見なければ状況は不明ですが、kazanが数日来よりネットを通じて時事ネタ関連ニュースをチェックしている限り、何の問題点もないですね。

辻本某が鳴き声で喚こうが、彼女の涙の重さ、軽薄さと、日本の安全保障の重要性は比較になりません。

憲法学者学、学識経験者はのいう「違憲」間違っておりません。 日本が堪能であれば、だれが見たって間違ってはいません。

kazanでも解ります。

違憲ですか、合憲ですか?」と聞かれたら「違憲です」が正解です。

ただ違憲を叫ぶ憲法学者学、学識経験者が馬鹿なのは、問題の解決方法を知らないということと、国際環境の現実を全く知らないと言ってもいい位、感覚と的がずれています。

違憲」だからどうすると言う代案や解決法が無ければ何の役にも立たない。

仮に公共の放送が「大型の台風が接近してろいます。以上がニュースです」と発信したらどうなりますか。 現実の社会では通用しません。

「避難準備をしてください」「直ちに非難ししてください」と言った対応案があって初めて物事がプラス方向に動くのが常識です。

仮想敵国を表現できない政府側を、なじるように執拗に陳腐な質問を繰り返す野党の質問は、聞いていて不愉快になります。

この無責任な体質が、確定した北朝鮮の国家犯罪をいまだに解決に導く方策を何等見出していない結果のようなものです。

長年政治の世界に携わってきた人が、安全保障を考えた時、仮想敵国は中国であり、日本領土の不法占拠をしている国は「ロシア」と「韓国」であることは明白です。 日本で違法な拉致犯罪を犯し、日本の主権を侵害した北朝鮮と犯罪の協力者であった日本人を野放しにしている国家が、まともな国家といえるのでしょうか。

集団自衛権にしても、建設的な社会投資ではない防衛費のコストを下げて、最大効果を期待するとしたら、集団自衛権に行き着くはずです。

以前、経済学者高橋洋一氏が第二次大戦後、米国と同盟関係にあった国は侵略されていないとしたデータがあると「ザ・ボイス」で解説してた記憶があります。ならば、 現在の日米安保体制を、日本の安全保障と集団自衛権の延長線上に置くのは極めて簡単な論理です。

直近のZAKZAKでは、近年の中国機に対する空自のスクランブル回数をグラフで紹介しております。

 capture-20150715-172351

中国機が異常接近して地域です

 capture-20150715-173644

日本国の領海に、第一列島線第二列島線を公然と掲げている

 capture-20150715-172916

2020年くらいには日本が中国の一部になっていることを既に小中学校で教材で使用

 capture-20150715-172702

押しかける中国の漁船団、普通の漁民ではありません。 民兵つまり昔の日本の屯田兵の漁業版

 capture-20150715-173118

整然と船団行動が取れる統制され、運航訓練を受けた漁船団

 capture-20150715-173351

昨年日本の領海に密漁船と大挙押しかけた密漁船団は、日本の海から、日本の漁民の水産資源を掠奪していきました。

 

ここまでの状況証拠で、支那・中国が潜在的な仮想敵国といえないなら、 中国をなんと位置づけますか? kazanは答えが欲しい。


国会での審議で、本音では改憲しなければならない法整備を、あえて繕って法整備をしなければならない状況下で、防衛担当者が仮想敵国として特定の国を「名指し」するほど日本の政治は稚拙でドン臭いものではありません。 


ソフィストケートな国家なら、当然直接的な比喩は避けるのが常識でしょう。 この空気を読みきれない愚かな憲法学者、学識経験者、政治家、マスコミ存在がこれほど「うざったらしく」思えたのも、最近では珍しいことでした。