katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

クルド人陣営マスタードガス攻撃を受ける

高雄でネットニュース精読中です。

capture-20150720-222303
民主党共産党社民党の威勢のいい女性議員さん、「福島瑞穂之神」ご真筆の「九条の御札」をもって中東へ行って来い。成果があったら、即日kazanはプロ市民に変身して見せる。ヤッテミンシャイな!


やはり、使用された化学兵器「マスタードガス」。


びらん性の皮膚疾患と内臓壁を破壊するガスとのこと。(にわか仕込みです)通用のラバー塗布使用の防護マスクや防護服では対応できないらしいです。(以上はにわか仕込みです)
出処はシリアの可能性大→勝谷誠彦氏の解説より


■こうなると、やはりさる大国のノーベル平和賞を受賞した某大統領の外交戦略の貧困さがここまででの状況を醸成したと言うべきでしょう。決定ですね。

しかしここまでエスカレートすれば、将来、「小型核兵器(戦術核)」レベルの使用可能性も排除できないと思います。


【CABLE NEWS NETWORK 2015】から以下 転載
過激派組織「イスラム国」が化学兵器を使用した疑いがあることが明らかになりました。

クルド人部隊「クルド人民防衛隊」は18日、声明を出し、先月下旬のシリア北部での「イスラム国」との戦闘で「腐ったタマネギのような臭いの黄色いガス」で攻撃を受けたことを明らかにしました。兵士らは、のどの痛みや激しい頭痛の症状を訴えたということです。捕らえられた「イスラム国」の戦闘員のなかには、ガスマスクを持っていた者もいるということです。クルド側は「イスラム国」が化学兵器を前線で使用し始めたと訴えています。