katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

「いじめ」、学校へ行くのをやめなさい!

いじめ自殺_1

いじめは、社会のいたるところにある陰険で陰湿な悪弊。

残念だが、これは現実で、複数の人間の中で比較的起きやすい。

学生なら「部活」「クラブ活動」、昔なら、旧軍の内務班の古参兵による制裁と言う名の「リンチ」もしかり、特殊な世界では、そのグループ特性から外れた、得てし下位の者がターゲットになる。

掛け声では決して無くならい。 むしろ一件のいじめ事件で、学童や生徒が自殺し、社会問題になり、いつしか風化してその事件が忘れされようとする頃、どこかで表面化して、事件になってしまう。

岩手県のいじめで中学生が自殺をした事件ですが、内容は従来のいじめ、そして被害者が自殺の構図は相変わらず同じです。

起きると、関係者いわゆる、担任、校長、教育委員会が決まって出すコメントが、「日頃より、目配りをし、日常の生活を個別に注視していた。。。」です。

特に強調されるのが、「いじめのサインがあれば、学校側はいくらでも対処できたものが、今回はそのサインを見逃してしまった」のコメントです。

 

どうでしょう、kazanの昔からの持論ですが、「学校へ行くな!」とういうことを提言したいのです。

そして学校へ行かないこと、登校しないことが、児童、生徒にとって、 親御さんにとって最良の方法です。

他人や大人から見れば他愛のない「いじめ」でも、当人にとっては「死ぬほど辛いことなのです」

そのために当人が死ぬこと避けるには、まずは、家族がガードしてあげるしか法j法はないでしょう。 不登校になれば、学校は嫌でもこのサインを見逃すことはないでしょう。

これをルール化しておけば、いじめられた児童・生徒が突然不登校になれば、いじめの存在が明らかになり、その結果、いじめた、加害者側にも、大きなプレッシャーになります。

大事な命を、クラスの悪ガキか、クソガキのための死ぬ必要なんかサラサラありません。 しかも、自殺という方法を選択し、実行に移すよりは、はるかに簡単で、自分と親御さんのためになります。

不登校になって、学校側が何らの対策を講じない時には、それこそ、親御さんは警察でも、今日行き委員会でも、出る処へ出れる訳ですから、一番簡単です。

小学生や中学生ならば、義務教育ですから、憲法教育基本法で定められ、権利が守られているはざずですから、 これが正論です。

今まで多くの学童生徒さんが、自らの命を断ったことを、とても残念で、口惜しい限りです。

 

以下、自分のgooブログでもほぼ同様の投稿をしております。

2006年10月21日 09時48分36秒 | 四方山話☆百夜一夜いじめ 自殺

2006年10月31日 03時04分09秒 | 四方山話☆百夜一夜 また飲酒運転、またいじめの自殺2007年10月05日 09時12分58秒 | 四方山話☆百夜一夜 大相撲界の暴力汚染2012年07月10日 15時21分59秒 | 社会 死ぬな!自殺をするくらいなら不登校を!

 

22.62644 120.29785


動画「高雄チャンネル」 
 http://goo.gl/l7ELt8