katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

輝く女性の時代


高雄、暑いです。今しがた、kazanは日本いる友人と電話で30分ほどダベリングをしましたが、関東は35度とのこと、これ間違いなく「熱帯風土」です。高雄と同じか、それ以上ですから。。

違いは出で立ちの違いが、我慢の限度をことにしているのではないでしょうか?

高雄ライフでは、ランニングシャツも白なら下着になってしまいすが、カラーなら、タンクトップ。 これに短パン姿で、かなり広範囲な場所でもOKですので、だいぶすごしやすくなります。

快適な社会になるよう、みんなでできることから変えていきましょう!

今日一発目のkazanのfacebook投稿は

皆様、おはようございます。日本も高雄熱帯のド真ん中、気合を入れて乗り切りましょう。この暑さも、「異常気象のせい」「異常気象は中国の環境のせい」「すっべては中国共産党政府と中国人がわるいせい」という思考で、発想を変えましょう。これで水分を補給すれば、日本の水の安全さに感謝しつつ、体感温度では脳感温度は2度位下がります。youtubeは本日アップ分から奥里磐人氏のイラストでチャンネル画像が鮮やかに変身しましたので、ゴキゲンです。画像はそのイラストです。動画は「台湾海峡黙示録」https://www.facebook.com/katsukazan?ref=hl へ一作目を投稿しましたので、ご案内申し上げます。kazan

でした。

この暑さも、「異常気象のせい」「異常気象は中国の環境のせい」「すっべては中国共産党政府と中国人がわるいせい」という思考で、発想を変えましょう。

コレって、結構効果があるかもしれませんよ、お試しあれ。

先週末の日付のニュースに、

テキサス親父】 2人のやまとなでしこ慰安婦問題で大活躍…国連には魑魅魍魎が蠢いていたぜがありました。

スイス・ジュネーブ国連欧州本部に来ている。

国連女子差別撤廃 委員会の第63回準備会合に出席するためだ。この会合で、2人の「やまとなでしこ」が大活躍した。
まず、次世代の党の杉田水脈(みお)前衆院議員は、慰安婦について「軍や官憲による強制連行が 行われた」と長年報道してきた朝日新聞が大誤報を認めたのを機に、日本では「強制連行はなかった」 という認識が定着していると報告した。そのうえで、「外国では、日本の慰安婦問題はナチス・ドイツの ホロコーストユダヤ人大量虐殺)に匹敵すると宣伝されていますが、事実無根です」と訴えた。
主婦による正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」の山本優美子代表は、米国 だけではなく、カナダやオーストラリアなどでも慰安婦像を設置する動きがあることに懸念を示し、「慰安 婦問題は女性の人権擁護という目的を逸し、外国での『反日政治キャンペーン』に利用されています」 と指摘した。
2人の堂々とした意見表明を受けて、委員長は「慰安婦問題でこのような異なった意見があることを初めて知った」と驚き、「片方だけの意見を採用するのではなく、双方の意見を精査したい」と発言した。

転載元 http://www.wara2ch.com/archives/8279224.html

この慰安婦問題は、男性がその不当性を言うと、揚げ足をとられかねません。ヘタすれば「やぶ蛇」効果しかありません。

輝く女性の時代を感じます。 そして、次世代の党の杉田水脈、「なでしこアクション」の山本優美子の両氏の行動に拍手喝采を表明するkazanです。

特に山本優美子しの「なでしこアクション」の活躍が、かろうじて、米国社会での歴史戦を膠着状態を維持しているのではおもいます。 この力は本当に大きく、意義深いものです。


「コラ!外務省、ナントカ言わんかい💢」  「首相官邸はどうしたんか💢」


一度国際社会に刷り込まれた誤解とイメージは、それをせっせと南朝鮮人と支那人が声高に、政府ぐるみで後押しをする流れのなかで、逆風下にある「なでしこアクション」を是非とも支え、エールを送りたいものです。

ネオコン・レアリスト宣言しましたkazanは、今朝の友人とのダベリングで、従来から申し上げている「国会招致三点セット」の実現運動を展開ししようかと相談した所です。

今国会では「安全保障関連法案整備」で与党は手一杯かと思いますので、次回の臨時国会、あるいは総裁選挙後のタイミングがよかろうと話がまとまりました。 こうなると、夏休みの課題がまた一件増えたようで、「ボケ防止」にはうってつけのようです。

今日の動画アフガニスタン政府が「タリバンのオマル氏は2年前に死亡」していたことのニュースを青山繁晴氏がコメントします。 アドリブと野次馬コメントは活火山です。

 


■■動画「高雄チャンネル」 


 http://goo.gl/l7ELt8


広告を非表示にする