katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

勝谷誠彦の鬱からの帰還を喜ぶ

鬱病だったとは、今日のfeedlyのSP!の記事で初めて知りました。 
まあ、回復されての「鬱からの帰還」を立花隆氏の書名をもじっての「宇宙からの帰還」と、無頼派らしくもないコメントが記事ありました。

kazanも一時、鬱になったことがありますから、その辛さはよ~く理解できます。

いうなれば一種の落ち込みなのですが、血圧が上がったり、動悸が不安定になったり、ため息が多くなり、夜は眠れず、かといって、昼寝でカバーできるような眠りもない。
この状態で医者にいくと、確実に鬱と診断されます。

通院以前はアルコールに依存しますが、これが身体に良くない。 それで医者にいくと、当然ながら、お酒はダメといわれて、これがまた辛い。

厄介な病です。

kazanの場合は、50代から60代に切り替わる直前の夏でした。 
原因は分かっています。
今だから言えますが、惚れたオンナ(の方)にフラれたのですよね。

その時の恐怖は大変でした。 何て言っても、後数か月で60ではないですか。

何となく、あれが、人生最後の恋物語と自分に言い聞かせての夢飛行、夜間飛行でしたので、終わりを宣告されたとき、瞬時に「後数か月で60、もう権利は無くなるのだから、どうしてくれる。。」 ようするに、60過ぎると相手にしてくれる対象はいなくなると固く信じていたものですから。。 今に思えば、言われたほうも、困っただろうと思いますが、当時はそんな余裕はありませんで、まったくの演歌の世界でした。

そういえば、あの頃から一段と、演歌が好きになったような気がします。
「みだれ髪」 髪の乱れにてをやれば、赤い蹴出しが風に舞う♪ 作詞・星野哲郎。作詞家に興味を持ち始めたのもこの頃でした。

鬱病は、当人は当然ですが、周囲も気を漬かってしまいます。
「頑張ってね」「しっかりして」「早く元気になって」。。とにかく、病人にプレッシャーをあたえる言動がタブーなんです。

kazanの場合は「原因は。。フラレて。。」とは、口が裂けて言えません。。。」、恰好良くないですから。
そこが辛いところで、寅さんの気持ちが本当よく理解ができたと思っておりますが、今にして思えば、よく寅さんは鬱病にならなかったもんだと、チョイコラ、ストーリーに無理があるように、今思いました。

告白劇はこれくらいで、いつも楽しみに聞いているPodcastのザ・ボイスでは、月曜のコメンティターが勝谷誠彦氏で、勝谷誠彦氏の無頼派ぶりが妙に親しみやすいと言うのも、kazanの下町生活が好きに通じているのかもしれません。 最近始めた、動画作りでも、当然かれはその対象になっているのですが、 2週間ほど前から勝谷誠彦氏のコンテンツが急増しました。
普通なら、一本の番組から作るのネタが多くて3本位ですから、先々週の5本のコンテンツは多すぎるくらいでしたが、ご本人が宇宙から帰還したせいで、ノリが良かったせいでしょう。 良かったですね。