katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

訪米で爆買いの習近平・動画青山繁晴


Twitter経由でfacebookにもアップされるはず、リーチが伸びるかどうか。。


上海株を操作して、共産党がタンマリ儲けたかもしれない。泣く人が入れば笑う人が居るのが市場の原理。 と言うのは、訪米した習近平氏、大変な爆買いをしました。 今回の会談では、アラスカ購入なんて言う話が出て、も不思議はありません。なんといっても、支那・中国人ですから、何でもありでしょう?

そう言えば、昨年の李克強氏のロンドン訪問では、中国の莫大な投資で、英国が完全にコロビ、女王陛下までが、一首相に謁見を許したほどですから、同じ手口かもしれません。
 

ボーイング300機4兆5千億円、関西空港4箇所造っても、5千億円余る勘定ですが、株式市場があるかぎり、あるいはFXに参戦すれば、それくらいの資金は屁でもない。
減らず口はこれくらいで、本題です。
 

オバマ大統領と会談する前の爆買いは、通貨操作と南シナ海での基地建設の非難を交わす免罪符のつもりかもしれない。 本質的に、オバマ氏はパンダ・ハガーだから。 これは治らないと思います。


青山繁晴氏は興味深い事を言っておりました。

外から見ると、アメリアは、共和党がタカ派で、民主党ハト派に見えますが、実際はさほど変わらないということです。 
 

南北戦争だって、民主党リンカーン時代、太平洋戦争の時の巧妙な日本包囲網を構築し、開戦へのシナリオを書いたのは、同じく民主党のF.ルーズベルト、原爆投下にサインしたのも民主党トルーマンと、こうして挙げていくと、民主党ハト派と言うイメージは先入観てェことになります。
 

つまり、独立戦争先住民族エスニック・クレンジングに近い暴挙、スペイン戦争、メキシコ戦争と、建国時代から戦争大好き国家です。 なんて言っても、拳銃、小銃、機関銃、他、兵器所持と所有は認められている訳ですから、火遊びにあまり抵抗が無いかもしれません。 それに生活に密着した教会が、またそれをバックアップしますから、正義という大義さえあれば、さほど開戦、参戦は困難ではありません。 

更に良いことに、福島瑞穂辻元清美憲法9条も居ないしありません。 また馬鹿な憲法学者が少ないという事もあるかもしれませんね。


22.62644 120.29785