katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

中国人は「#中国人滚出日本!」

韓国はすでに中国の経済圏に組み込まれており、いずれは韓国自体が中国に飲み込まれるでしょう。

私は遅かれ早かれ中国や韓国・北朝鮮は「今以上に」日本と敵対すると思いますよ。そうなった時に、どれだけの在日中国人と在日韓国朝鮮人が「日本のために戦います」と言えるか? おそらくはゼロでしょう。中国人と韓国朝鮮人が言うのは「日本を相手に戦います」では? だからこそ今のうちに「#中国人滚出日本!」と申し上げているんです。私の考えは杞憂なんでしょうか? By なでしこりん

冒頭から引用で恐縮です。kazanの「Feedly」微登録されているブログのひとつ今日の「なでしこrん」さんの一節です。

>私の考えは杞憂なんでしょうか? 

■「杞憂」など、とんでもありません。 日頃よりkazanも実態だと考えています。

2008年長野で聖火リレーに際して動員された在留支那人の不穏な行動は、訪問先での歓迎される客の姿勢からは程遠い不気味感すら印象つけました。

2011年、新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題もありました。 現在、佐渡には中国資本がかなり入り込んでいます。
瀋陽軍区・佐渡・新潟・東京

佐渡の恐怖


彼らが一斉に縄張りをし、五星紅旗を掲げた時、東京-新潟-佐渡の延長線上には、作戦としては河川に近いイメージの日本海があり、その対岸に「瀋陽軍区」が控えており、直接あるいは、北朝鮮租借地を経由して東京への直線上に、以上の事項が重なります。

共産党の維持のためには、自国の学生を戦車でためらいもなく轢き殺し、文革では内モンゴル文革の名で虐殺し、チベットウイグルを併合してエスニック・クレンジングを行っている国の政権が一党独裁共産党政権です。

 

3.11東電福島の災害が伝えられると、日本の多くの大学の学食には、支那中国人学生が大挙して集まり、排他的な空気の壁をつくり、何かを討議したとする光景が、各地の日本の大学の学食で見られたと言います。 これは在日支那中国大使館の指示で集められた組織的な会合です。

今、日本各地で支那・中国人の原野や山林の不動産取得が目立っております。 この動きは投資物件エリアというより、日本の水資源に奇妙に重なっていると言います。

一体彼らは何を考えているのが、不気味なほど、見えません。 スパイ防止法の無い日本には、支那中国の工作員が大挙として分散していることは、常識です。

以上が現在kazanが知り得る実態であり、「なでしこりん」さんの見解には両手をあげて賛同する根拠です。

kazanも今日かSNS発進には「「#中国人滚出日本!」」これで行きます。

 

 


22.62644 120.29785