katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

左翼がかった東京新聞の異型の保守系元記者が言うEU

パリの同時多発テロ事件を経験にしたフランスでは、州議会選挙がとりおこなわれ、17の州のうち6州で、極右政党の「国民戦線」が勝利しました。

ルペン_2

マリーヌ・ル・ペン党首の率いる「国民戦線」の勝利が意味するものはなんでしょう。

フランスは移民政策推進してきた歴史に過程で、学校や役所といった公共的な場での宗教色を払拭する事を義務付けてきました。

キリスト教を主張する「ロザリオ・十字架」のネックセレスや公共の場での「聖画」や「イコン」の掲示など、異民族の多くが信仰する「イスラム教」への配慮です。

当然イスラム教徒にも、女性のベール(アバヤ、ヒジャブ、ブルカ、チャドル、他)の着用しての公務や学校・教育の場では厳禁です。

理由は、差別の解消と国民国家とした一体化の推進です。

こうした努力の積み重ねによっても、悲惨なテロが発生しました。

従来より、移民を制限しょうとする「国民戦線」の躍進に揺れ動くフランスと、ヨーロッパの真実、本音が聞こえるようです。

リベラル色の濃い東京新聞で、長年孤独なライターを辞任してきた長谷川幸洋元記者が、ニュース番組で、選挙結果に垣間見るフランスを語ります。

 

動画は3分です。