katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

消費税増税は回避か

師走も中盤、皆さんは「忘年会」で、連日の飲み会の方もいるのではと察します。


連日の1件から、数件の忘年会をこなす人もいるらしいです。 高好感度キャラと明解に経済解説で、人気上昇中の上念 司 氏も、この時期超多忙の一人らしいです。

先日のラジ番組では、冒頭の枕(落語用語でネタに入る前のアイドリング的な話の部分)のアドリブをいつものキャラ全開で、申しておりました。

営業担当者なんかも、このたぐいの複数の忘年会をこなしながら、奮闘しているのではと、お察し申しあげます。

この忘年会の習慣は、日本独自の「飲み文化」であろうと、思っております。 台湾ではあまり聞いたこともありません。 おとなりの韓国では、日本と同じような「飲み会」文化が定着してるらしいので、あるかもしれません。 おそらくあると思います。

この「忘年会」と対語にあるのが「新年会」。 お酒の強い方、お好きな方、いわゆる「左党」「呑んべい」には約二ヶ月間は、シッカリ飲むめる訳です。

タクシー代が一気にあがる時期でもあります。

軽減減税の自公のせめぎ合いでは、外食やお酒、をめぐっての調整に入っているようですが、店から請求されるサービス料はどんな扱いになるのでしょうか? 日本に居ないながらも、「呑べい」を自認するkazanには気にかかることです。

でも、この10%の消費税アップは実現不可能とする情勢が濃厚で、結果が楽しみなことです。 結果を見ては、経済学者、経済評論家、経済予想師の採点表サイトがあれば、炎上サイトになるのは必須でしょう。

 



広告を非表示にする