katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

中国の大気汚染、はた迷惑な中国、世界のガン

ブログ「なでしこりん」さんの今日の投稿記事は「世界を汚す中国! NASAが「大気汚染地図」を作成 日本も大変なことに!」

掲載されているNASAの地図を見たら、

NASA汚染地図_1

支那朝鮮半島の大部分~北九州から日本列島・本州のほぼ西にすじのように長く広がる部分と、ヨーロッパの、ドイツを中心とする一帯だけが赤く染まっていました。 kazanは、東アジアの汚染は予想しておりましたが、ドイツの汚染は想定外でした。

朝鮮半島と日本列島の汚染は支那からの流入・滞留汚染の結果というの結果というのはいうまでもありません。

NASA汚染地図_2

EUで一人勝ちのドイツと、近年自称世界2位のGDPで躍進する支那が最も深刻な汚染源になっております。 世界地図には「どうやら中国とドイツが世界のガンのよう」のコメントが付いていたのは、いかにも「なでしこりん」の面目躍如ということでしょう。

車両の排気ガスにインチキで、世界へドイツ製の大衆車を売りまくるドイツが支那へ傾倒すし、すべてがインチキと不正の構造像が作り上げられた、支那・中国の「根っこは」同じなんでしょうか、まさに「類は類を呼ぶ」なのでしょう。

先日のとあるニュースで、支那の首都北京の交通警察官の平均寿命は48歳と報じたのがレコードチャイナでしたが、これを調べてみましたら、2007.4.6の記事でした。 「2007/08/07 - 北京 7日 ロイター」は「中国の都市部に勤務する交通係の警察官の平均寿命が、劣悪な職場環境や公害などにより、43歳と ... 新華社は、同国8都市で実施された調査の結果として、勤続20年以上の交通担当の警察官が最も高いリスク」という検索インデクス見出し解説がありました。

2015/04/27 BIGLOBEウエイブリブログでは、「中国の交通警察官の平均寿命はなんと僅かに43歳だというから驚きだ。原因は勿論粒子状の有害物質PM2.5だ。職場環境の劣悪さはこれに拍車をかけている。たとえばあの北京交通渋滞、信号無視の通行、長時間太陽に晒されていること  ...」とありあります。

なんでもありの異常性が伝えっられる支那共産党支那人の行動ですが、この異常な平均年齢の短さが端的にその恐ろしさを証明しております。

常日頃、南朝鮮支那は駐在する日本企業の社員や家族には「蛮地手当」を支給すべきと言っているkazanです。 「蛮地手当」に「環境汚染地域特別手当」と「環境対策手当」の支給が必要と思いますがどうでしょう。 ちなみに、1970年ころのフランス銀行東京支店に勤務する本国フランスからの派遣される、東京駐在社員には「蛮地手当」が支給されている事を歎いてた新卒入社のkazanの先輩の言葉です。

あの頃の東京は、今の中国から見れば、限りなく安全で環境も良かったと記憶してます。 何よりも、日本には人肉を食する習慣はありませんが、支那人はれっきとした「人食民族」です。

ブログ「なでしこりん」 http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12108107874.html