katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

愛知県警は何をしているのか

時津風部屋のしごき>事件で、愛知県警はいまだに立件に向けてツメの捜査をしているらしい。

この事件、明らかな犯罪行為は明らか。

愛知県警は、いまだに関係者の逮捕、拘留をしていないという。

愛知県警は、意思決定が遅い。

5月に起きた立てこもり発砲事件でSAT隊員が狙撃され死亡した事件の時もそうだが、事件への対応が遅すぎる。

この事件の時だって、発砲してくる犯人に対して、逮捕優先の大捕物を展開し、結果若いSAT隊員が犠牲になった。

状況からして、犯人の銃撃に対して、狙撃・射殺しても構わない状況下で、展開判断の遅れが不幸な結果に終わった。

この県警はどうかしている。

時津風部屋のしごき>事件でも、その後の報道では、関係者が口裏合わせをし、遺体の火葬を急いだ形跡があったりで、関係者の犯罪荷担認識は明らかだ。

こうした確信犯を、いまだに逮捕・拘留しないとは。

これも警察比例の原則からきている意思決定なのか?