katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

大相撲界の暴力汚染

今日の朝刊から

<武蔵部屋>→http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071005/crm0710050138012-n1.htm

時津風部屋>→http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/071005/mrt0710050808000-n1.htm

日本相撲協会>が調査をすれば、この種の問題は次から次に露見必須!

程度問題で、処分のさじ加減が変わるかも知れない。

この世界の暗部をどこまでオープンにできるか、<日本相撲協会><文科省>も頭の痛いことだろう。

それにしても、日本の閉鎖社会に隠然と存在する<旧軍・内務班的環境>は、なぜ消滅しないのだろう?

この風土が<いじめ>の構造につながり、なにか事件が表面化すれば<隠蔽>行動が先行してしまう。

まさか、これが民族的美徳の原点にならないことだけは期待したい。

 

広告を非表示にする