katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

二日分のブログ

20時間遅れのブログから

▲午前様で帰宅。

習慣的にラジオをオン。

寝つかれないまま、NHK<深夜便>の世界に没入する。

この日(10月18日未明)は深夜2時からの<チェロ特集>と3時からの<吉田正作曲特集>を聴き入る。

このところ一気に深まった秋の夜に聴くチェロの調べには、久方ぶりに堪能させられた。

パブロ カザロス<鳥の歌>、素晴らしいの一語。

弦楽器のマイナーコードの曲は、少なくとも活火山の感性にフィットするが、その中でとりわけチェロの響きにこれほど感動するとは、再発見だった。

興奮さめやらず、<吉田正作曲特集>に突入する。

結果、昨夜は完全に寝不足だ。

▲寝不足を理由に今日の午後は、仕事をオフにして日本橋の散髪屋へ。

<トッツアン刈り>に挑戦する。

この店の理容師さんは本当に職人集団。

活火山の希望に対して、躊躇いもなくキッチリ刈上げてくれる。

納得の一時から秋葉原の本屋へ直行する。

今、<携帯サイト>に興味を持っている活火山、関連の本を探すが見つからなく、今日はギブアップ。

加古川女児殺害事件。

犯人の動機は何なのだろう。

なにやら、訳の分からない事件が日本中で頻発する。

活火山の印象だが、東京以外の地域で頻発するような気がする。

かっては、犯罪は都会で頻発に発生するといった先入観があった。

それは、都会の方が生活している人口が多いし、その分だけ犯罪者の潜在率が高いはずだからだ。

それがここ数年、訳の分からない犯罪が地方に分散している。

なぜだろう?

情報化社会が成熟し、文化、情報がどこでも均一に入手できる社会環境・風土が形成された所為か?

この種の犯罪者の潜在率といったデータがもし存在するとすれば、逆に東京はかなり安全な都市と言うことになるかもしれない。

あるいは格差の進展で、地方の生活、文化、精神風土が荒廃し始めたものかどうか?

 

 

 

 

広告を非表示にする