katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

15時間爆睡

昨日の金曜日、連日の寝不足状態から、あらゆる誘惑とお誘い(これは同じ意味か)に対し断固たる態度を持続させ、築地<芳蘭亭>の食事会だけに参加し、二次会無しの自宅へ直行する。

<芳蘭亭>は6年ぶりだが、この<干支ビル>も電通が汐留に移ってから、テナントの業種が大きく変わり、雰囲気がずいぶんと変わった様子。それでも、<芳蘭亭>の<麻婆豆腐>が好物の活火山には充分に納得の一時でした。

<麻婆豆腐>に関しては、活火山は<赤坂飯店><中国飯店><山王飯店><芳蘭亭>の味付けが大好きで、よくランチ時には足繁に通い詰めたものです。これらの店も、中国飯店を除けば、みな多かれ少なかれ、時代と共に変化が見られます。

代が変わったり、職人さんが変わったりして、味が微妙に変化するのはやはり寂しい気がしますが、これも<時の流れか>。

そうした、寂寥感を一時感じながらも、店周りに懐かしい人の顔を見ると、ホットします。

でもその顔がチョッピリ年を経ていて、白い毛が頭に混じっているのを見ると、(相手も同様に活火山をみてと思いますが)お互い神妙な顔になったりしながら、互いの年輪を暗算している様子。

これが老境というものか。

以上が自宅へ車で直行中、活火山の脳裏をかすめた。

 

帰宅後、19時帰宅でベッドへ。

23時頃、目を覚ますが、引き続き爆睡、

朝方5時に再度目を覚ますが、ラジオのニュースを聞きながらまた9時まで惰眠を楽しむ。

結果、なんと14時間の<夢旅行>

体調はすこぶる快調。

 

 

広告を非表示にする