katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

福田総理が辞任表明をした。

福田総理が辞任表明をした。

海外マスコミは福田氏が政治的にいき詰まったと論評。

しかし、衆参の議会がねじれ状態になってから、すでに自民党政権自体が政権担当能力を失っていた。

この間、予測された野党の抵抗に遭い、この時機に解散を決断することは、政権担当者には選択枝になかった事は容易に想像できる。

福田氏を総理という御輿に担ぎ上げた自民党公明党。この担ぎ手が、やがて来るだろう総選挙を念頭に担ぐ力を分散し始めたとき、御輿はぐらつく。

仁義なき戦い>の1シーン。松方弘樹「おやっさん! アンタはわしらが担ぐことにした神輿じゃないの。神輿が勝手に歩けるゆうなら歩いてみいや、オウ!」

御輿は言いたかったのでは。「祭りの最中に、担ぎ手が居なくて御輿はどうなるんじゃァ!御輿があっての極道じゃろうが!」

政権を降板することで、挙党態勢で新総裁を選出し短期間に総選挙に突入。対抗馬も居なく、ニュースショーでも話題にならない民主党に対し、当然頻繁にニュースショーで話題になるであろう新陣容で総選挙、結果、衆議院の過半数を維持できることへの可能性に、一点突破の起死回生の勝負を賭けたとすれば、この戦術、戦史の例ではなにに該当するのか。

▼活火山、今すぐには思い起こせない。でも<桶狭間>ではなさそうだ。