katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

15日産経抄から

今日15日は敬老の日だ。


活火山の両親、義父母も逝ってしまって久しい。


産経一面の<高知沖の国籍不明潜水艦の領海侵犯>が目を引く。


あまりにも、不愉快な事件が多発する毎日、この件は、iZaのブログに譲る。


心静かに、産経抄へ。


文中より


▼「みなさん、そろそろ30年、50年先を見据えた仕事をなさったらいかが」。小欄の知人は、高校の同窓会で再会した、元校長の言葉が忘れられないという。視線を過去だけでなく、遠い未来にも向けている。そんな人生の大先輩との会話から、仕事にかまけて足元しか見ていなかったことに気づく、現役世代も少なくないはずだ。


残りますね。活火山、読んで忸怩たる思い。


中秋も過ぎ、気候も穏やかになった。


近いうち、活火山の知恵袋、O兄と一献を傾けたい心境に。

広告を非表示にする