katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

中国人マフィア

昨日は米国新大統領就任で書き切れなかった。


気になる話題。


今、東京で<ダーウェイ(大偉)>グループなる中国人マフィア組織があるとの事。


この組織は約250人の構成員だって。


250人というのは、この種の組織ではかなり大規模な感じがする。


 


浅草警察署管轄内には、組織の事務所が30箇所あると聞いた事がある。


一警察署管轄内で30箇所の事務所があるというのは、全国で1番だそうだ。


 


彼らが最も目立つのは、浅草3社祭りの時だ。


各組織がかなりの集団で行動しており、当然のごとく目立つわけだが、それでも、彼らだけで神輿は担げない。


単に神輿を担ぐには最低80人前後の数が必要となるが、彼らだけでは人数が間に合わない。


よく<宮出し>の時、ゴツいオ兄さんが2、3人神輿に上がって気勢を上げているのを目にする。


もっとも、この光景は一昨年の宮出しの時に、主催者の意向・警告を無視して神輿にあがり、結果その本社神輿の花棒を折ってしまった為に、昨年は<宮出し>の行事が無くなり、この光景は観られなかったが、従来この神輿をに登り、この状態を維持する為に、動員される人数が250~300人だ。


この数が、1本の神輿を担ぎ、その周囲を取り囲めるか数だから実際見ていると結構圧倒される。


前述の中国人マフィアが250人の組織となると、神輿1本を自分たちだけで担ぎモム事ができる人数だから、この数には圧倒されてしまう。


こうした組織が肥大化するのを当局はどう対処しているんだろうか?


 


 

広告を非表示にする