katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

興奮さめやらず、一夜明けてのWBC

活火山はラジオ人間だ。


明け方から、時には深夜からラジオはかけっぱなしだ。


今朝のラジオニュースは、ニューヨークのエンパイアステートビルの最上階から下へ、<白><赤><白>のライトアップを伝えていた。


侍ジャパンの勝利に対するものらしい。


いいですね。


これが大人の世界。


このアメリカという国の懐の深さを再認識させられた活火山だ。


ともすれば、偏狭でセコイ感情表現になりがちな活火山には、朝から考えさせられた一件だ。


人間は驕り、傲慢になる事は見苦しいという価値観は素晴らしい。


裏を返せば、謙虚になる事に通じる。


このスタンスが大人社会で、人間同士の歯車が円滑に回転する術だろう。


侍ジャパンの名称もそうだ。


長嶋ジャパン王ジャパン、星野ジャパンの流れは、順当に原ジャパンに続くはずであった。


これに対して、原監督は、弱冠51歳を理由に原ジャパンを固辞した。


原監督の希望で原ジャパンに替るものとして浮上してのが<侍>ジャパンだ。


今回のゲームを通して、原監督の謙虚な数々の発言が好印象だった。


こうした謙虚さが、若い選手達と一体感のあるチームを作り上げたのだろう。


「ビジネス書」一冊、直ぐにでも書けるネタが随所に見られたWBCであり、侍ジャパンの勝利だ。