katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

いよいよ明日は4月4日、来るかテポドン!

東京で開花宣言がされて、もう10日以上過ぎたのではないか?


今日は、久方ぶりの温暖な花見日和だ。


今日の活火山は、美人の介護人に付き添われて、お茶の水の順天堂、外来へ。


約3ヶ月ぶりの外来受診日、天気は良好、されど日本海は波高しか?


どうやら、将軍様は明日の4月4日に飛ばす可能性大らしい。


そんな折の今日、外来受診後、靖国通り専修大交差点と九段下の間にある<いもや>へタクシーで直行。


到着が11時50分。


今日は負け組。


中に18人位が順番待ちで立っている。


病弱で、虚弱体質な活火山にとって、この長蛇の待ち列は心臓に良くない。


そんな気がして、先の<満留賀>に入る。


<満留賀>で昼食後、おもむろに千鳥が淵に向う。


美人の介護人は、病弱でヘロヘロの活火山の手を取って九段坂を上がる。


歩道が、異常の混んでいる。


この良き日、法政大学の入学式とかち合わせ。


最高に混む時間帯。


 


明日をも知れない不条理の中に居る活火山、今日の春爛漫を今生の見納めと定めて、花見客の列に並ぶ。


なぜなら、将軍様のXディは、4月4日と診た活火山、深層では明日の恐怖と戦いながら、美人の介護人の手前、鷹揚なふりをして千鳥ヶ淵の花見を洒落込んだ。


明日、来るかテポドン


<週間新潮>の中吊り広告を思い出した。


社民党の党本部に落下したら>を思い出した。


週刊新潮>、良いこと言うじゃない。


日本国家百年の計をはかる時、三宅坂か代々木辺りに落下するなんてぇのも、イイ洒落だと思った今日の活火山です。