katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

11月最後の日曜日

午後から雨かと思った天気は、曇天ながら雨にはならず。


チャンスと見た、活火山、神宮外苑へ遠征。


曇天ながら、銀杏は、いい色付だ。青山通りから絵画館を正面に望む並木をとおり、国立競技場脇から千駄ヶ谷屋外プールの近くにある大江戸線の駅まで約20分位か、歩くには丁度いいコースだ。


なにやらつい最近行ってきたパリの<ルクセンブルグ公園>を思い出しながらの20数分。


公園というのは素晴らしい。


歴史的には日本には、庭園はあっても公園は無かったのでは。


昔、全共闘の学生がよく読んでいた<羽仁五郎・都市の論理>で冒頭に出てくる切り出しも思い出す。


日本には、<広場>と<公園>が無かった。


このことは、都市として古い歴史を持つ、ヨーロッパを旅すると、その存在と無いことによる比較が容易になるようだ。


きっと、お育ちの良かったに違いない<羽仁五郎>セインセイ、若き日に欧州に遊学し、公園や広場を散策した時に、ハタと閃いた切り出しではなかったのか?


そんな事を考えながら、アルチューハイマー気味の活火山、二日酔いの桃色の大脳で考えながらあるいた晩秋の神宮散歩。


雨にならなくて、本当に良かった。


ジャパンカップは<ウォッカ>、ルメールが乗ると、こんないに違うのか?


馬連一番人気の¥1,020->


まあ、良しとしよう。

広告を非表示にする